野沢温泉の道祖神祭り

道祖神祭りは、毎年1月15日に行われ、野沢温泉村では最大のお祭りです。各地で行われる「どんど焼き」の部類に入るお祭りですが、その規模や内容は、どんど焼きとは比べ物にならないくらいに奇抜なんです。その場に身を置いて、祭りの幻想的な世界に引き込まれてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

野沢温泉の道祖神祭りの歴史

いで湯の里、野沢温泉の道祖神祭りが、いつ始まったかについてははっきりしていませんが、道祖神碑に「天保十巳亥年」と刻まれていることや、河野家に残されている「文久三年道祖神小豆焼帳」などによると、江戸時代後期にはすでに盛大に行われていたようです。かなり古くから行われていたことがわかりますね。

今では、日本三大火祭りのひとつに数えられる伝統の火祭りで、火の粉が飛び散る迫力はまさに見もの。野沢温泉村の小正月行事として、毎年多くの観光客を呼び込んでいます。

この道祖神祭り、平成5年(1993年)12月13日に、国の重要無形民俗文化財に指定されました。

野沢温泉の道祖神祭りの日程

【場所】 野沢温泉村 馬場の原(中央ターミナルから南に下り、観光タクシーの所を右に入る)

スポンサードリンク

【日程】   1月13日 午後1時~ 御神木里曳き
       1月14日  社殿組み立て
       1月15日  昼過ぎ  社殿完成予定
              19:00  火元もらい
              19:30  燈篭到着
              20:00  花火、道祖神太鼓
              20:30  火元到着
                      野沢組惣代の火つけ
                      初燈篭の火つけ
                      子供の火つけ
              20:50   大人の火つけ
              22:00頃  終了

【料金】  無料

【来場者数】 約6000人

【アクセス(車)】 上信越道豊田飯山ICから国道117号経由約25分

【アクセス(公共交通)】  長野駅からバス1時間15分または戸狩野沢温泉駅からバス20分

【見どころ】
  厄年以外の村の男たちがたいまつで、社殿に火をつけようとするのを、厄年の男たちが阻止して、社殿を守ろうと
火の粉をまき散らせながら繰り広げられる攻防戦が見もの。

問い合わせ先  野沢温泉観光協会 
電話: 0269-85-3155

野沢温泉の道祖神祭りの駐車場

駐車場はあります。無料のところもあります。

駐車場の案内はこちら

まとめ

厳冬の野沢温泉、スキーだけでなく道祖神祭りも楽しそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加