嫁が出産 面会はいつ?手土産は必要?言葉は?

まもなく息子のお嫁さんが、第一子を出産する予定です。なにしろわたしたち夫婦にとって初めてのこと、どのようにその日を迎えればいいのか、不安なことだらけなんです。

まずは、面会はいつ行けばいいのか。一般的に、お嫁さんが出産する時って、義理の両親であるわたしたちは、どのタイミングで病院に行くものなんでしょうね。自宅と病院は車で1時間ほどの距離です。

スポンサードリンク

嫁が出産 面会はいつ行けばいいの?

「これ」って、けっこうむずかしい問題ですよね。わたしの友人のなかにも、「これ」を間違えたばかりに、孫に会わせてもらえなくなった人がいるほど。もちろん、お嫁さんの性格などにもよるでしょうが、「これ」はかなり深刻な問題であり、丁寧に対処するに越したことないですね。そこで、お嫁さん側の意見を聞いてみました。

〇わたしの義両親は、気を遣ってくれて産後5日目に来てくれました。おかげで疲れ果ててボロボロの姿を見せなくてすみました。いくら「気を遣わなくていいからね。」と言われたところで、実の両親と全く同じようには接することはできないし、「寝ていていいよ。」と言われても、なぜか気を遣ってしまって、なかなかそういうわけにはいきません。

〇出産後のクタクタボロボロの姿を見られるのは、実の両親なら恥ずかしくはないですが、義両親には見てほしくないです。なので、少し落ち着いてきたころ、2日目か3日目辺りに、体調を聞いたうえで来てくれてうれしかったです。

〇わたしは夫に、「産後は気が立っていて、嫌な気持ちにさせてしまうと思うのでこちらから、こちらが大丈夫という連絡をするまで、来るのは控えてほしい。今後帰省をしにくくなるし、見苦しい姿は見せたくないのでお願いを聞いてほしい。」と伝えてもらいました。そのおかげで、3日後に来てくれました。

〇産後はものすごく疲れます、疲れ果ててます。夜中赤ちゃんが泣いてて、寝不足のためひどい頭痛になりました。また、出産翌日は胸がガチガチに張って痛くて痛くて、看護師さんにおっぱいマッサージしてもらってました。その頃に来てもらっても、とても相手する気力がありませんでした。

お嫁さんたちの声、けっこう義両親に対して厳しいですね。ここはやはりお嫁さんの意向に従うのが間違いないようです。そうですよね、自分のときのことを思い出しても、陣痛のときや出産後すぐ、義両親に駆けつけて欲しいなんていうお嫁さんはいませんよね。なので、連絡があってから翌日以降の面会で十分です。

産まれたよ、という連絡が息子から入ったら、まずはお祝いの言葉をメールなりラインで送って、翌日以降、お嫁さんの体調を聞いてから、病院に行くといいですね。また、行っても長居をしないように、顔を見ただけで帰るぐらいの気持ちが必要です。かわいい孫に毎日でも会いたいという気持ちはわかりますが、ここはやはりお嫁さんの気持ちを考えてあげるのが、義両親としての優しさです。

そうはいっても、どうしても当日に赤ちゃんに会いたいこともあるでしょう。そんなときは、母子別室で赤ちゃんは新生児室にいるなら、新生児室に見に行くだけならいいのでは。その場合、お嫁さんの実母さんたちがいらっしゃっているでしょうから、そこで挨拶をして「○○さん(お嫁さん)の体調が回復した頃、また改めて伺います。よろしくお伝え下さい。」といって帰るのが良いでしょう。

スポンサードリンク

うれしい気持ちは姑も実母も同じですが、立場の違いを理解しないと、今後かわいい孫を抱かせてもらえないことになるかもしれません。いっときの我慢ができるかできないか、今後の幸せを考えて行動しましょう。

嫁が出産 手土産は必要?

では、お嫁さんの許可が出て面会に行くときは、なにか手土産を持って行ったほうがいいのか迷いませんか。当日駆けつけるのであれば、手ぶらでもよさそうですが、数日後となると考えてしまいますよね。

でも、そんな心配は無用です。基本、産後のお嫁さんと孫の顔を見に行くのに、手土産は必要ありません。

ここでうちの娘の体験談。出産後、お姑さんは大きなフラワーアレンジメントを持って来てくれました。入室してきた瞬間は、お姑さんの気持ちがとてもうれしかったし、入院中もこの花にかなり癒された、と言っていました。

・・・が、退院時、このお花がなんと邪魔なお荷物になってしまいました。まだまだきれいに咲いているお花を捨てていく気分にはなれず、持って帰ろうとしたのが悪かったのか・・・小さいものか、持って帰るのに便利なように、かごやギフトボックス付きだとありがたかったかも、とのこと。

たしかに、「出産おめでとう」、「がんばったね」などの気持ちを込めるのに、お花って最適ですよね。しかし、最近は花粉症などの関係で禁止の病院も多いので、花を持ち込んでもよいかどうかを、あらかじめ確認しておくことも大切です。

手土産、基本は必要ありませんが、それでも何かを持って行きたい場合は次のものが無難です。

〇水やお茶 飲み物 500mlのもの 
〇小ぶりのフラワーアレンジメント
〇プリザーブドフラワー
〇ミカンなど手軽に食べられるもの

生菓子、生もの、とにかく賞味期限の短いものはやめましょうね。

嫁が出産 面会のときかける言葉は?

出産という大仕事を成し遂げたのですから、お嫁さんにかける言葉は、母親の労をねぎらうような言葉を選ぶといいです。たとえば、
〇よくがんばったね
〇大変だったね
〇お疲れさま
〇おめでとう
〇今はゆっくり休んでね
など。

子どもを産んだ直後の母親は、ホルモンのバランスが崩れているためか、普段なら何でもないことでも気に障ってしまったり、何気ない言葉に傷ついてしまったりということがよくあります。

くれぐれもこんな言葉はかけないようにしましょうね。
●かわいい孫を産んでくれてありがとう
●わたしをおばあちゃんにしてくれてありがとう
●○○家の孫を産んでくれてありがとう
●息子を父親にしてくれてありがとう
●男(女)の子がよかった
●二人目は男(女)ね
●お乳は足りてるの?

いずれにしても、出産後のお嫁さんはナイーブです。そしてなぜだか姑の一挙手一投足に敏感になっています。余計なことは言わずに、早めに退散しましょうね。

まとめ

お嫁さんとは、出産後から本当の付き合いが始まる、と言っても過言ではありません。その第一歩の面会です。舅、姑の立場ということを理解して、これからの長い付き合いがスムーズに運ぶようにしましょう。「わたしの孫」という気持ちよりも、「お嫁さんの子」として見守る姿勢がやさしさですね。

わたくし事ですが、実際に出産後のお嫁さんの面会に行って来たら、その様子を記しますのでお待ちください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加