喪中はがきを出す範囲と死亡通知との違い

今年は父の喪中なので、そろそろ喪中はがきの準備をしなければなりません。何枚くらい用意すればいいのかと考えていて、ふと「喪中はがきを出す範囲はどこまでなんだろう?」と気になりました。わたしが年賀状のやり取りをしていた人は当然出すとわかっているのですが、これまで父と年賀状のお付き合いがあったかたたちはどうしたらいいのでしょうか?

128714

スポンサードリンク

喪中はがきを出す範囲はどこまで?

そもそも「喪」とは、近親者の死を大変悲しみ、晴れがましいこと(正月を迎える行事も含みます)や社交的な日常から遠ざかり、故人の供養にあたることを意味します。

なので、喪中はがきには「大切な身内を失った悲しみからまだ立ち直っていないので、おめでとうと言える心理状態ではありません。申し訳ありませんが年賀状の送付を欠礼します」という意味があります。決して「今年は年賀状を送りません」とか「年賀状はいりません」という事務報告書のようなものではないのです。

このように喪中はがきの目的を考えると、喪中はがきを出す範囲は「不幸がなかったら年賀状を送ることになったであろう人」になります。つまり、毎年年賀状をやり取りしている人全員ということです。不幸があったことを知っているかどうかとか、葬儀に参列したかどうかは関係ありません。

また、親戚同士でもお互いに年賀欠礼状を出します。それは「年賀状を出さないですみません」というこちらからの挨拶の意味からです。

「不幸がなかったら年賀状を送ることになったであろう人」
わたしと面識がなく父とのみ親交のあった人たちは、これには当てはまりませんよね。たとえ不幸がなかったとしても、わたしはこの人たちには年賀状を出さないですから・・・

ということは、喪中はがきを出さなくていいということです。

しかし、この人たちのなかで父の死去を知らない人は、来年も父宛てに年賀状を送ってくるでしょう。この場合、年賀状を送ってくれた人には「寒中見舞い兼死亡通知」を1月末ごろに出すことで対応するのがいいでしょう。

えっ!「死亡通知」って・・・
これって喪中はがきと違いがあるのでしょうか?次の章で詳しく説明しますね。

スポンサードリンク

喪中はがきと死亡通知との違いは?

喪中はがきと死亡通知は全く別の目的で出すものです。

「誰(差出人)が、誰(受取人)に、何の目的で」
出すものなのかを考えれば、両者の違いがはっきりわかります。

「喪中はがき」は「年賀欠礼状」とも言われているように、喪に服している人が、喪中でなければ年賀状を出したかった人に、今回は喪中なので年賀状が出せないと言うことを伝えるために出すものです。「今年は挨拶できないけどまた来年よろしく」という意味合いも含んでいるといえるでしょう。

それに対し「死亡通知」は、遺族(たいていの場合は喪主)が、故人の死を知らせたい人(多くは故人の近親者・友人・知人)に、故人が亡くなったことを知らせるために出すものです。

葬儀の前であれば、「生前故人がお世話になったお礼」、「通夜、告別式の日程」など、葬儀の後であれば、「生前故人がお世話になったお礼」や、「亡くなったことをすぐにお知らせできなかったお詫び」などを書き加えるのが一般的です。

まとめ

喪中はがきと死亡通知の違いがわかると、喪中はがきを出す範囲もわかってきますね。年賀状のやり取りをしている人でも、親や兄弟姉妹といった常に交流がある場合は出さないこともありますよ。

こちらの記事もどうぞ
喪中はがきは誰に出すの?故人の友人は?親戚は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加