ジャパンカップ宇都宮2015 水害でコース縮小って本当?観戦ポイントは?

ジャパンカップサイクルロードレースの日がだんだん近づいてきましたね。

・・・しかし宇都宮は、9月9日から10日にかけて、台風18号による大雨に見舞われました。そのせいで、コースの一部で土砂崩れが発生、通行止めとなったためコースが少し変更になりましたよ。

スポンサードリンク

ジャパンカップ宇都宮 2015年のコースは?

台風18号による大雨の影響で、コースから除かれた場所は、”萩の道”から”鶴カントリークラブ”までの3.8kmです。このため1周の距離が、14.1kmから10.3kmに縮小となります。

japancup1
                          (ジャパンカップ公式HPより)

【変更前】
宇都宮市森林公園周回コース
1周の長さ:1周=14.1km 最終周回=10.3km
総距離:151.3km(14.1km×10周+10.3km×1周)

【変更後】
宇都宮市森林公園周回コース
1周の長さ:1周=10.3km
総距離:144.2km(10.3km×14周)

このため3周ごとに設定されている「山岳賞」が、1回増えて4回となって見どころが増えますよ。

実はこのコース、今年初めてというわけではなく、1992年の第1回ジャパンカップのときから4年間使われたコースなのです。第1回目だけは右回りでしたが、第2回目から今と同じ左回りになりました。そのおかげでフィニッシュが上り坂になり、最後の戦いがよりおもしろくなったのです。

2015年のジャパンカップサイクルロードレースは、今までと違った見どころができて、新たな感動が生まれる可能性が出てきました。ますます楽しみが増えますね。

【ジャパンカップロードレース概要】
月日:2015年10月18日 日曜日
場所:宇都宮森林公園

9:00 選手紹介
10:00 レーススタート
14:10 レースゴール予定
14:30 表彰式

スポンサードリンク

ジャパンカップ宇都宮 観戦ポイントは?

生のレースを間近で見ると、選手たちの速さに驚き感動します。2015年は1周の距離が短くなったため、それぞれの観戦ポイントに多くの観客が集まる可能性が高くなりました。人気の高かった”鶴カントリーの前”に陣取っていた人たちがほかの場所で観戦するのです。わたしもその一人です。ではほかの観戦ポイントを確認しておきましょう。

○スタート・フィニッシュ地点
 オーロラビジョンでレースの状況が手にとるようにわかります。実況解説を聞きながら観戦できるポイント。オフィシャルショップ、トイレ、駐輪場、喫煙所、飲食ブースなどがあるので便利です。

○古賀志林道の上り坂
 ジャパンカップ名物のつづら折りの上り坂。古賀志林道の上り坂を、必死で駆け上がる選手たちの姿を、最も間近で見られる絶好の観戦ポイント。

○古賀志林道山頂
 3周回ごとの山岳賞を狙った選手たちのデッドヒートは一見の価値ありですよ。

○赤川ダム沿い
 紅葉した木々を湖面に映した赤川ダムを見ながら応援できるので、ゆったりと観戦したい人におすすめです。紅葉をバックにした、選手たちの鮮やかなジャージがとても美しいです。

○田野町交差点
 選手達の集団が、ハイスピードで直角に左折する様子はまさに迫力満点。近くにコンビニや売店もあって便利です。

世界トップクラスの選手を、こんな近くで見られるなんてめったにないチャンスです。選手たちの本気の戦いを見てほしいと思います。

まとめ

コースの一部が使えなくなったことは本当に残念です。毎年鶴カントリーの前がお気に入りだったので、今回はどこで観戦しようかと考えています。

トップ選手たちのスピードはびっくりするくらい速いです。大集団が目の前を走り抜けて行くのはほんの一瞬、目で追えないほどです。でも風を感じられるんです。その風のとりこになってしまいましょう。

ジャパンカップサイクルロードレースの観戦 ポイントと持ち物
ジャパンカップクリテリウムの楽しみ方や場所取り 見どころも

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加