土用の丑の日2015年はいつ、由来と食べたい「う」のつくもの

土用の丑の日はうなぎを食べる日として知られています。土用って何?なぜうなぎを食べるの?今までそんなことは考えたこともなく、ただ夕食にうなぎが出てきたから食べていただけ。って人も多いですよね。

でも新米主婦になったあなた、これからは家族の健康を一手に引き受けなければなりません。こういった昔からの習慣を意味を考えて取り入れていくのもなかなか味わい深いことですね。

スポンサードリンク

土用の丑の日 2015年はいつ?

2015年の夏の土用の丑の日は7月24日(金)、二の丑 8月5日(水)です。このように土用期間中に丑の日が2回ある年もあるのです。この日に栄養満点なうなぎを食べる習慣がありますね。

土用の丑の日って一般的に夏ばかりが注目されていますが、土用は年に4回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前日までの18日間のことを土用といいます。

参考までに2015年の春夏秋冬の土用です。

春土用:4月17日~5月5日 
夏土用:7月20日~8月7日 
秋土用:10月21日~11月7日
冬土用:1月17日~2月3日 

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。土用の時季は季節の変わり目なので、次の季節へ移る前の準備期間といってもいいですね。

土用の丑の日の由来

では、この食習慣はどのように始まったのでしょうか?

夏の土用の丑の日に「う」の付く食べ物を食べると夏負けしないという風習がありました。それを利用してうなぎを売るキャッチコピーにしたのが始まりという説が主流です。江戸時代の話で、このキャッチコピーを考えたのが、夏に売り上げが落ちる鰻屋から商売繁盛の宣伝を頼まれた平賀源内といわれています。

土用の時季にうなぎを食べること自体は、栄養効果の面から奈良時代にはすでに知られていたようです。それが丑の日に「う」のつくものを食べると良いという民間伝承と結びつき、19世紀初期頃に「土用の丑の日のうなぎ」として定着したということです。

スポンサードリンク

土用の丑の日に食べたいうのつくもの

夏の土用の時季はうだるような暑さで、身体も悲鳴を上げています。「う」のつくものを上手に取り入れて
夏バテ防止や暑気払いをするのがいいですね。

うなぎ・・・タンパク質や脂質を多く含むうなぎは、高栄養食品で夏バテ予防に最適。ビタミンAやビタミンEが豊富で皮膚粘膜や内臓の保護や老化防止に効果がある。

うどん・・・グルテンを含んでいるので、麺類の中で最も消化吸収がよいとされ、夏バテで食欲がない時でも胃に優しい。

梅干・・・酸味が唾液分泌効果を促し食欲不振を解消し、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸が疲労回復や肩こりに有効。また菌の繁殖を抑え、腸内を活発にする働きもあり、食中毒の予防にも効果がある。

・・・西瓜(すいか)、胡瓜(きゅうり)、冬瓜(とうがん)、南瓜(かぼちゃ)などの瓜類は、体内の余分な熱を冷ます効果や利尿作用があり、むくみ予防にも効果がある。

また、「う」はつきませんが、このほかに昔から食べられていたものもあります。

土用シジミ・・・グリコーゲンやタウリンを多く含み、肝機能の回復を早めてくれる。貧血予防にも効果あり。

土用餅・・・土用入りの日の縁起物とされ、夏バテを防ぐといわれている。関西や北陸地方ではあんころ餅で食べられています。

甘酒・・・ビタミンBを多く含み、夏の飲み物として人気があった。

いまでも、これらを食べると夏負けしないと言い伝えられています。

まとめ

土用の丑の日だからって、うなぎを食べないと夏の暑さに負けちゃうわけではなく、他の物でもいいのですね。安心しました。

現代ではうなぎの稚魚が品不足と言われ、かなり値上がりしています。食費を預かる身としてはつらいですよね。それでも、1年に1度のことだから、思い切ってうなぎのかば焼きを買ってみるのもいいよねえ~~~

とにかく、先人の知恵を借りながら、夏に負けないように頑張りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加