お中元のお返しは礼状なの? 文例と遅れた場合の書き方 

お中元をいただいたのはいいけれど・・・

いただきっぱなしはよくないのはわかります・・・・・・何をすればいいのでしょうか?まずはお礼をしないといけません。そうか、礼状を書くのですね^^

礼状を書くといっても、日頃からの筆不精で書いたことがないのです。さて困りました。
お中元をいただいた後の大人のマナー、どうなっているのか知りたいですね。

スポンサードリンク

お中元のお返しは礼状って本当?

お中元とは、本来お世話になった方々や、取引関係の方々に贈る「夏のご挨拶」ですので、贈られた側は品物をお返しをする必要はありません。しかし、必ずお礼の気持ちを伝えることが大切です。つまり、礼状を出すことがお返しになります。

礼状はいつごろまでに出せばいいのでしょうか?いつごろまで・・・ではなく、礼状はいただいたその日に出す、くらいのつもりで書きましょう。

ごく親しい間柄であれば、「すてきな品をありがとう」と電話やメールでお礼を言ってもいいですね。

では、勤めている会社の関係企業や、会社で利用する飲食店からお中元が来た場合はどうでしょう。この場合もお礼状を出すのが礼儀です

礼状は、お中元をいただいた本人が書くのが原則です。しかし妻が忙しい夫に代わって書くこともあります。妻が代筆した場合、差出人を「○○(夫の名前)内」として送るのが最も好印象です。

ただし、親戚など、日ごろからふたりでお世話になっている相手には、妻の名前にした方がいいですね。

礼状には

・季節の挨拶
・品物をいただいたことへのお礼
・自分の近況
・相手への気遣いの言葉

を書けばOKです。

文例を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

お中元の礼状の文例

【プライベート用】

拝啓 盛夏の候 皆々様にはお健やかな日々を
お過ごしのこと お喜び申し上げます

私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしております

さて、本日はお心のこもったお品を頂き、本当に
ありがとうございました。いつもながら細やかな
お心づかいに恐縮するばかりです

暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください
まずは取り急ぎお礼申し上げます  敬具

 

多少堅い文章に見えますが、一般的にはこのような内容になります。

『参考』

「拝啓 暑さ厳しき折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます・・・敬具」
「前略 暑い日が続きますがいかがお過ごしですか 私たちは変わらず元気です・・・草々」

スポンサードリンク

「さて、このたびはこんなにおいしいものをいただき 家族みんな幸せな気持ちで満たされました」

「このたびはご丁寧なお中元のご挨拶ならびに結構なお品を頂戴いたしまして 誠にありがとうございました」

「まだまだ暑い日々が続きます。夏バテなどなどなさらぬようお気をつけくださいませ」

「末筆になりましたが ご家族の皆様にもくれぐれもよろしくお伝えください まずはお礼まで」

【ビジネス用】

拝啓 盛夏の候 貴社におかれましてはますます
ご清祥のこととお慶び申し上げます

さてこのたびは結構なお品をお送り頂きまして
ありがとうございます。有難く拝受しました
御厚志に改めて改めて御礼申し上げます

暑さはこれからが本番でございます 皆様どうぞご自愛くださいませ
略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます 敬具

『参考』

「拝啓 残暑のみぎり ○○様にはますますご健勝のことと存じます 平素は格別なお引き立てにあずかりまして本当に有難うございます」

お中元の礼状を出すのがが遅れた場合

    

忙しくてつい礼状を出すのが遅れてしまうこともありますよね。
その場合は、8月いっぱいであれば、残暑見舞い(立秋8月8日ごろまでは暑中見舞い)で対応します。

【文例】

残暑お見舞い申し上げます

○○様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて このたびはご過分なお中元の品をお送りいただきありがたく拝受いたしました
日頃より、至らぬことばかりの私どもにこのようなご厚志を賜り厚くお礼申し上げます

本来ならば、早急にお礼を申し上げるところ 遅くなり大変申し訳ございません

暑さはまだまだ続きますので どうぞご自愛ください

『参考』

「日々の忙しさに取り紛れ ご挨拶が遅れまして申し訳ございません」
「本来ならばすぐにでもお礼を申し上げるべきところ 忙しさにかまけ遅くなり申し訳ございません」

このくらいの、当たり障りのない表現がいいですね。

まとめ

お中元を贈った側は、「お中元、ちゃんと届いたかしら?」と気になっています。

「とても良いものをいただきました。ありがとう」という意味と、「ちゃんと届きましたよ」という二つの意味を伝えるうえでも、礼状は大切なアイテムです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加