七五三 母親はブラックフォーマルでいいの?どんな服装と色がいいの?

わが息子はもうすぐ5歳。この5年あっという間でした。そんなことを思いつつ七五三の準備をしていますが、これが戸惑うことばかり。

わが息子の格好はお宮参りのとき掛衣装(掛着)を仕立て直しした着物でばっちり。でも、自分はいったい何を着ればいいのでしょう。久しぶりに義理の両親と会うし、写真撮影もするから非常識な格好なんてできない!

息子が歩くようになってからは、動き回る息子を追いかけるためにカジュアルな服ばかり。七五三のときの母親はセミフォーマルでっていうけど、セミフォーマルってってどの程度の~!?ってお悩みではないですか。

華美すぎず、使いまわしもできて、周りからも浮かない(義理母も目も怖くない!)母親にふさわしい服装ってどんなの~~?

スポンサードリンク

七五三 母親はブラックフォーマルでもいいの?

ブラックフォーマルなら家にもあるし、わざわざ買わなくてすむ!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。ブラックフォーマルは弔事用と慶事用があるのは知っていますか?

弔事用を持っている人は多いと思いますが、見た感じ慶事用とあんまり変わんないから大丈夫かも・・なんてありえませんよ。

まず、お祝い事に着る衣装として、弔事用はふさわしくありません。慶事用とは生地の色・光沢感・デザインが明らかに違うため、男性のようにネクタイだけ変えればいいというわけにはいかないです。そして、常識ある人や義理母などにはすぐ分かってしまいますよ。非常識になるので、弔事用は絶対にだめです。

しかし最近では、それほどこだわりなく慶事、弔事のどちらにも使えるブラックフォーマルとして売られている場合が多いですね。

さて慶事用のブラックフォーマルですが、もちろんだめではありません。30年くらい前までは、ブラックフォーマルはオールマイティーな行事用の正装として、冠婚葬祭全部に使い回す事もありました。

・・・が、今の時代、ブラックフォーマルは喪服のイメージが強く、ハレの日(お祝い事)向きではありません。避けたほうがいいでしょう。

それでは、母親にふさわしい服装と色については次の章で・・・

七五三 母親にふさわしい服装と色は?

こどもが着物で正装しているので、母親がカジュアルな服ではアンバランスになってしまいます。スーツ(パンツスーツはNG)かワンピースが無難です。そのふたつで悩むならあとは好みです。スーツならきちっと感もでるので格好がつくし、ワンピースは女性らしいし、動きやすいです。

色の問題ですが、季節が秋ということで、グレーや濃い茶色など暗めの色合いものを選びがちですが、おすすめはベージュ色です。こどもが男の子なので、着物が寒色系の色合いになります。旦那さんもダークカラーのスーツが多いでしょう。そのうえ母親も暗めの色だといまいちパッとしません。

そこでベージュ色にすると、暗くなりすぎずバランスがとれるんです。ベージュ色なら春~夏でも使えるし、一着あると便利ですよ。どうしてもという場合は、グレーや紺色など暗めな色でも、小物やアクセサリーを使って少し華やかにするというのもありですね。

スポンサードリンク

七五三 母親にふさわしい服装のマナー

あたりまえですが、こどもより目立ってはいけません。華やか過ぎてもいけませんし、地味過ぎてもいけません。母親は主役(こども)の付き添いです。正装した息子とのバランスが大事なのです。

少し前までは、父母はこどもより「格下」の衣装にすることで、家族の「格」を整えることが大事でした。しかし今は、もう少し気楽に考えても大丈夫です。だからといって、あまりにも場と雰囲気が違いすぎる格好にならないこと、その場に「なじむ」服装が大切ということです。

まとめ

正しい服装というのはひとつではありません。

いちばんの目的である「七五三のお参りであること」、「家族のバランスがとれていること」、「場の雰囲気になじむこと」が、ふさわしい服装になるのです。

それをふまえたうえで、一生に一度しかない5歳の息子のハレの日なのですから、自分が着たいと思う服装でお祝いしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加