七五三 母親が着る着物の種類は?帯や小物についても教えて

11月には娘の7歳の七五三祝いの予定があります。子どもも7歳になればそんなに手がかからないでしょう。・・・ということで、母親のわたしも着物を着ようと考えているのです。でもここでふと思いました。

たしか着物には、黒い留袖や色留袖、訪問着や色無地などいろいろな種類があって、シーンによって着る着物が違ったような気がしたんです。ほかにも帯のことや草履やバッグといった小物のこと、何も知らないということがわかり、自分でも驚いてしまいました。和装の場合、七五三にふさわしい恰好をお教えします。

スポンサードリンク

七五三 母親が着る着物の種類は?

着物には黒留袖、色留袖、訪問着など種類がいろいろありますね。では七五三に最も向いているのはどんな着物なのでしょうか?

七五三の付き添いの装いには、訪問着、付け下げ、一ツ紋付きの色無地か江戸小紋あたりが一般的です。

七五三は家族行事で主役は子どもです。子どもの付き添いの母親は、淡い色柄で控え目なほうがいいとされています。あくまで子どもが主役なので、華美な色柄のものや濃い原色のものは避けたほうが無難です。

七五三 母親が着物のときの帯は?

帯も重要ですね。まず「袋帯」であることが優先事項です。袋帯かどうかは、長さを測ってみて4メートル強あれば袋帯です。そして帯の色ですが、金・銀・白・黒色の帯は、合わせる着物を選ばないと言われていますよ。

では帯の結び方ですが、二重太鼓がふさわしいです。若いお母さんの場合、帯を変わり結びにしたいと思うこともあるかもしれませんが、あくまで子どもが主役の行事なので、二重太鼓にしておいたほうが周囲の印象はいいですよ。帯を結ぶ位置を、やや高い位置にすると若々しく見えます。

主役である子どもを引き立てるよう、また「喜びが重なりますように」という意味合いからいっても二重太鼓がいいでしょう。

スポンサードリンク

七五三 母親が着物のときの小物は?

バッグはシックな色や柄で上質なもの、草履はエナメル草履が万能です。

アイボリーやごく淡いピンク色のエナメルのものを選んでおくと、どんな着物にもあわせやすいですよ。最近は艶消しや型押しなどいろいろおしゃれなものがありますので、好みに合わせて選ぶのも楽しいです。

バッグと草履はお揃いでなくても問題ありません。

草履を選ぶときは必ず試し履きをしましょう。そして、鼻緒の調節をしてもらえる履物専門店で購入した方が、当日も安心ですよ。足が痛くて七五三のお祝いどころじゃなかったなんて悲しすぎます。

帯揚げ、帯締めは着物や帯の色に合わせて上品な感じに仕上げましょう。帯締めは必ず平らなものをします。

まとめ

着物を着るのって一大イベントと言ってもいいくらいです。でも子どもの思い出の中や記念写真に、ステキなお母さんとして残るとうれしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加