浅草・酉の市2015年の日程と歴史 最寄り駅も

浅草では昔から「神も仏も酉の市」と言われ、神社とお寺が隣り合わせで市を開いています。浅草の酉の市は「おとりさま」と呼ばれて、人々に親しまれてきました。今年はおとりさまにご利益をお願いしに行ってみませんか・・

      目次
・浅草・酉の市の日程 2015年
・浅草・酉の市の歴史
・浅草・酉の市の最寄り駅
スポンサードリンク

浅草・酉の市の日程 2015年

2015年 浅草・酉の市の日程
一の酉  11月 5日(木)

二の酉  11月17日(火)

三の酉  11月29日(日)

【浅草・酉の市の開催時間】
浅草酉の市は、酉の日の「午前0:00から午後24:00」の間、まるまる24時間ひらいています。

今年は三の酉の年ですね。三の酉の年には、火事災難が多いとの故事にちなみ、三の酉の年限定の《火除守り》1本1,000円で授与してくれます。江戸火消しの纏い(まとい)にみたてた素敵なお守りです。一の酉、二の酉、三の酉の三日とも授与してくれますよ。

浅草・酉の市の歴史

酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲(おおとり)神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。そして現代まで受け継がれているのです。

酉の市の始まりは、江戸近郊に位置する花又村(現在の足立区花畑にある大鷲神社)であるといわれ、祭りの形態も、当初は近在の農民が鎮守である「鷲大明神」に感謝した収穫祭であったと伝えられています。

市(いち)での代表的な名物は、縁起熊手です。金銀財宝を詰め込んだ熊手で、運を「かっ込む」、福を「はき込む」といって開運招福・商売繁盛を願った、江戸っ子らしい洒落の利いた縁起物です。翌年の更なる招福を願って、熊手は年々大きな熊手に換えてゆくのが良いとされます。

スポンサードリンク

浅草・酉の市の最寄り駅

・東京メトロ日比谷線『三ノ輪駅』下車徒歩9分
・東京メトロ日比谷線『入谷駅』3番出口下車徒歩7分
・東京メトロ銀座線『稲荷町駅』下車徒歩19分
・東京メトロ銀座線『田原町駅』下車徒歩17分
・東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線『浅草駅』下車徒歩20分
・つくばエクスプレス『浅草駅』下車徒歩8分
・都電荒川線『三ノ輪橋駅』下車徒歩11分
・JR山手線『鶯谷駅』下車徒歩19分

都バス 日暮里~錦糸町 竜泉バス停下車 徒歩2分

まとめ

神様のおとりさまと、仏様のおとりさまの両方に御利益をお願いできる浅草・酉の市。熊手を買い求める人で混雑していますが、にぎやかで活気ある素晴らしいお祭りですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加