敬老の日 施設のおばあちゃんへのプレゼントと何をすると喜ぶの?

小さいころからとてもかわいがってくれたおばあちゃん。いつもそばにいてくれるのが当たり前だったのに、寄る年波には勝てず、施設に入ってしまいました。そんなおばあちゃんに、家族と離れていても寂しくないようなものを、敬老の日にはプレゼントをしたいです。

        目次
・敬老の日 施設にいるおばあちゃんへのプレゼントは?
・敬老の日 何をすると喜んでくれるの?

スポンサードリンク

敬老の日 施設にいるおばあちゃんへのプレゼントは?

敬老の日のプレゼントを考えるとき、施設に入っていても使えるもので、喜ばれるものってどういうものなのかむずかしいですね。でも、施設だからって特別に考えないで、今までのおばあちゃんの様子を思い出して、なにがいいかを考えるといいですよ。

○女性はやっぱり着るものかな・・・という場合
・あたたかいベストやセーター、カーディガンなど。あなたが素敵だと思うものを、選んであげただけで感激してくれます。毎朝、どれを着ようかと選ぶ楽しみができるかも。

○やっぱり日用品でしょ・・・という場合
・タオルやティッシュペーパー

・大きなサイズのバスタオル。

○好きだったこと・・・という場合
・きれいな音楽を聴くのが好きな人にはオルゴールはいかが?手作りのもあるので、いっしょに飾り付けなどをしても楽しそう。

・お花が好きなのであれば、押し花の絵やプリザーブドフラワー。

・読書好きなら、本や、ちょっとおしゃれな革や和紙のブックカバー。

・筆まめな人には、万年筆やレターセット。

・本でおすすめなのが、「和やかな午後のひととき」という本。絵も文字も大きくてわかりやすいです。なにより内容が昔のことなので、懐かしがって何度も本を開いてくれますよ。


高齢生活を共に楽しむ 和やかな午後のひととき (Parade books) by Amazon

○いやいややっぱり家族の絆でしょ・・・という場合
・写真。いっしょに写った写真を飾って、職員や来客に自慢そうに見せて喜んでますよ。

・家族の写真が入ったフォトフレーム(おばあちゃんを中心に全ての孫と子供を含めて撮影したもの)孫や子どもの寄せ書きがあれば更によし、これに勝るプレゼントはないです。そして、それを部屋に飾ってあげましょう。

・フォトフレームやアルバム。渡したその場でいっしょに写真を撮って、今度プリントしてくるから待っててね!!てな感じで、また来るよということを暗に知らせるみたいな。毎年写真が増えていく楽しみができますね。

どんなものであっても、おばあちゃんにとったら大切な宝物になりますよ。

スポンサードリンク

敬老の日 何をすると喜んでくれるの?

おばあちゃんの立場からしたら、敬老の日だからって特別に何もしてくれなくていいんです。子どもや孫が元気で幸せにいることがなによりです。子どもたちが幸せならおばあちゃんも幸せなんです。

・・・とはいっても、孫からすれば何かしてあげたいですよね。感謝の気持ちを表したいです。

一番は、優しいあなたが明るい笑顔を見せに行くことでしょう。そしていっしょに過ごす時間を作ってあげるだけで、十分喜んでくれています。家族の明るい元気な姿が、この上ないプレゼントになります。

また、おばあちゃんの得意だったこと、たとえば、「たくあんの漬け方」とか「梅酒の作り方」などを、メモをとりながら真剣に聞いてあげると、喜んでもらえそうだし、自分のためにもなるし一石二鳥ですよ。 自分がおばあちゃんになったとき、孫やひ孫にそうして貰えるとうれしいですね。

まとめ

おばあちゃんは、かわいい孫が施設に訪ねて来てくれるだけで、とっても感謝していることでしょう。この先何回会えるのかと考えるようになったら、なるべく時間を作って顔を出すようにした方がいいですね。敬老の日にかかわらず・・・です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加