ハロウィンの衣装 幼稚園の男の子と女の子用 大人はどうする?

最近では幼稚園でもハロウィンパーティーが行われるほど、日本に根付いてきた「ハロウィン」ですが、夏も終わりに近づいてくると、憂鬱になったりもします。幼稚園のハロウィンパーティー用の衣装を準備しなくてはならないからです。子どもたちのは何とかなりますが、大人はむずかしいですよね。頑張りすぎてる感を出さずに、ハロウィンらしいセンスをプラスできるといいですね。
    

         目次
・ハロウィンの衣装 幼稚園年長の男の子は?
・ハロウィンの衣装 幼稚園年少の女の子は?
・ハロウィンの衣装 大人のママはどうする?
スポンサードリンク

ハロウィンの衣装 幼稚園年長の男の子は?

男の子はマントが大好きなので、マントと魔法使いの帽子、それに黒やオレンジ色のTシャツ。Tシャツには、Tシャツの色に合わせて、フェルトでカボチャやカボチャの目や鼻や口を作って、ボンドで貼りつければ、立派な魔法使いの出来上がりです。

ほかにも、マントにタイツ、髪をオールバックにして蝶ネクタイ、赤いリップを塗ればドラキュラ伯爵になりますね。

幼稚園生くらいになると、男の子は恥ずかしいという気持ちが強くなってくる子が多いです。なので完璧なコスチュームセットなどを買っても、照れくさいからいやだなんて拒否されそうです。なので子供が照れないくらいの、ハロウィンらしさを取り入れるのがちょうどいいですね

スポンサードリンク

ハロウィンの衣装 幼稚園年少の女の子は?

女の子は何といってもプリンセスものやプリキュアが大好きです。水色の生地ならシンデレラ、黄色なら美女と野獣のベルなど、ドレスの形よりも色のイメージでいいでしょう。おもちゃのティアラがあれば完璧ですね。プリンセスは女の子の永遠の憧れですからね。

また、黒のTシャツに黒のスカート、ブーツを履いて魔女とか、黄緑色の服に羽をつけるだけでも妖精(ティンカーベル)に早変わりです。

あとミニーちゃんも好きな子は多いですね。赤と黒のワンピースに、ミニーマウスの耳のカチューシャ。黒のTシャツにフリフリのスカートだけでも、ミニーマウスの耳のカチューシャをつければ、十分にミニーちゃんに見えます。

注意点としては、トイレに行きやすい格好にしてあげることです。

あまり凝ったものだと、ハロウィンが終わると着られなくなってしまうので、少しアレンジするだけのほうが、そのあとも着られて楽しいです。子どもはある意味毎日コスプレでもOKですからね。

ハロウィンの衣装 大人のママはどうする?

幼稚園から「ハロウィンパーティーに仮装して来てください」なんて招待状が届いたらどうしますか?そう、最近は子どもだけでなく、パパやママも招待されることがあるのです。まだ日本でハロウィンは、浅い歴史しかないので、自分の親が仮装していた記憶は皆無です。つまり参考材料が何もないなかで、ほかの皆さんがどの程度の格好で来るのか不安ですよね。

普通は、手紙に「仮装して・・・」と書いてあっても、子どもの引き立て役程度なのかもしれません。とはいってもその「程度」がわからなくて悩むのですよね。

たとえば、黒っぽいワンピースで、小さめの黒い帽子にオレンジ色のファーをピンでつけるとか、ハロウィン仕様の帽子やカチューシャ、ヘアアクセサリー、クモの巣模様のついたケープなんか小物なら、とりいれやすいのでは・・・小物なら、浮いてるかもと思ったらすぐとりはずせるので、気軽に楽しめます。

黒やオレンジ色を洋服や小物に取り入れて、色だけでもハロウィンぽくするのもいいですね。

もし周りが何もしてこなかったとしても、「私は仮装してきました!」と堂々とサービス精神でふるまえばカッコいいですよ。

それでも不安なら、直接先生に聞いてみるのもいいです。先生より控え目でいきましょう。

まとめ

かなり有名になってきたハロウィンですが、まだまだ新しいイベントです。今までなじみがないだけにむずかしいですね。少しの工夫でハロウィンパーティーを盛り上げられたらうれしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加