赤ちゃん 動物園はいつから?免疫力は?わかるのは?

133714

赤ちゃん連れの外出は、近場の公園ばかりだったけど、そろそろ家族でお出かけがしたくなってきますね。そういえば、お散歩中に会ったわんちゃんに興味を示しているみたいだから、いろんな動物がたくさんいる動物園なんかはどうだろう!

動物の予測不能な動きに赤ちゃんはどんな反応するのかな。おもしろそう!でも、動物園てちょっと臭くて苦手。糞とかえさの食べ残しとかあって不潔そうだけど、赤ちゃんに悪い影響はないのかしら・・・

まだ免疫がない赤ちゃん、アレルギーが心配だけど、動物園デビューはいつごろから大丈夫なのでしょうか。

スポンサードリンク

赤ちゃん 動物園はいつからOK?アレルギーが心配

赤ちゃんは、1ヶ月過ぎたくらいから徐々に外の空気に慣れさせていきます。そしてある程度、外の環境に慣れてきた2~3ヶ月になれば、もう連れて行っても大丈夫。

ただし、最初は短い時間にしましょう。小さいうちはまだ体力もないので、長時間の外出はよくありません。なので、大きい規模の動物園ではなく、小さめなふれあい動物園のようなところがおすすめです。
そういうところって、入場料も無料だったり、人もそんなに多くないので赤ちゃん連れにはちょうどいい場所です。ママにとっても負担にならないし、小さい動物たちに癒されますよ~。

しかし、2~3か月の赤ちゃんだと、赤ちゃん自身は動物に興味を示さない子もいるでしょう。それじゃあ意味がないと思うかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

ママが動物を見て喜んでいると、その気持ちが赤ちゃんにも伝わります。そうすると赤ちゃんの気持ちも安定するんです。意思表示をしない、小さい赤ちゃんにとって、いちばん大事なのはママの存在です。ママが楽しんでいたり、喜んでいたりと穏やかな気持ちでいることが、赤ちゃんは、いちばん安心できるのです。

ママは本当はアレルギーが心配なのに、「赤ちゃんのうちから刺激を与えなくちゃ」と義務感で、動物園にびくびくしながら行くのでは、それこそ意味がありません。それならママが安心できる家の中で、ふたりで遊んでいるほうが、よっぽど赤ちゃんのためにもいいですよ。

スポンサードリンク

赤ちゃん 動物園と免疫力の関係

「動物は赤ちゃんの免疫を作るのに、大切な役割を果たしている」という研究結果があります。このことは、世間的にも知られていますので、育児をしてきた人なら何度か耳にしていることでしょう。

人間は、幼少期の間にいろんな菌に触れて、免疫をつけて徐々に身体を強くしていきます。予防接種もそうですよね。それなのに最近は、除菌除菌とやたらと菌を悪者扱いにして、菌との接触をしないよう、こどもを育てています。

悪い菌ももちろんありますが、すべての菌が身体に悪影響を及ぼすわけではありません。動物園は、動物の糞や毛、また唾液から様々な菌が空気中を漂っています。その菌を吸い込むことで、外部からの侵入物に対して免疫力がつくのだそうです。

しかし、その研究結果を発表しているのは外国の話です。日本ではまだ裏づけがとれていないので、正しい情報とは言いきれません。なので動物に近寄らせるかどうかは、あくまで自己責任になります。もともとアレルギーを持っている子には、逆効果の場合もありますので注意が必要ですね。

心配であれば、いきなり動物園ではなくても、まず虫やお散歩しているわんちゃんがいる公園やペットショップなどで、こどもの様子を見てからでも遅くはありませんよ。

赤ちゃん 動物園がわかるようになって楽しむのはいつ?

以前は、せっかく動物園に来たのに、ベビーカーで眠っていただけだった赤ちゃんも、1歳3ヶ月くらいになれば、そこそこわかるようになります。でもまだ、大きい動物やよく動く動物など目につきやすいものはわかるけど、岩場で昼寝している動物には気づかないかもしれません。

あれはぞうさん!あれはおさるさん!など判断できて、絵本やテレビで見ていたものが目の前にいることに、興奮し本当に楽しめるようになるのは、個人差がありますが、だいたい3歳以上になってからですね。その頃になると、お気に入りの動物とそうでないものの区別ができるようになり、それらに対する反応もわかりやすくなってきて、見ていておもしろいですよ。

どんなに小さくても、人間個性はあるもので、動物に興味を示し、じっと観察をする子もいれば、動物よりも乗り物や遊具のほうが好きな子もいます。だから、「3歳になってもうちの子は動物に興味を示さないの。赤ちゃんのときに、動物園に連れて行かなかったからいけなかったのかしら・・・」と心配する必要は全くありません。動物に対する興味も、その子の成長の度合いによるので、定期的に連れて行ってみて様子を見てみましょう。

まとめ

ウイルスにアレルギー・・・と、赤ちゃんのことを大切に思うからこそ、心配することがたくさんあって、尻込みしてしまう気持ちもわかります。

でも、赤ちゃんは、見て、聞いて、触って、舐めて、など五感をフルに使って急速に成長しています。新しい発見の連続で、いろんなものに興味津々な今こそ、たくさんの経験をさせることで、脳はぐんぐん成長します。おうちの中で遊ぶのもいいですが、外でこその刺激もたくさんあるんです。

いきなり強い刺激をさせては、頭の中がオーバーヒートして夜泣き!!なんてこともあるので、こどもをよーーーく観察して、一歩先の刺激を与えてあげられるようになるといいですね。ママから愛情と安心と刺激をバランスよくもらえることで、信頼関係ができて、こどももすくすく成長していきますよ。

また、動物園に行くときは、日焼けや虫刺されにも注意が必要です。赤ちゃん用の日焼け止めは、安全でついでに虫除けもできちゃうものが便利ですね。
【1本で日焼け止め&虫除け対策】アロベビー 国産オーガニックUV&アウトドアミスト

関連記事
動物園に行こう 入園無料がいいね 関東編

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加