おわら風の盆の町流し 時間とゆっくり見るには?深夜に見るには?

9月1日~3日は富山県の八尾(ヤツオ)の人々にとって一年の中で特に輝きをみせる日です。

豪華絢爛なお祭りや、にぎやかで参加型のお祭りなど、お祭りにもいろいろありますが、この「越中おわら風の盆」はそれとはひと味違います。
三味線や物悲しい胡弓の音色、そこにおわら節が聞こえてきます。目には静かでしなやかな優美な踊りが映ることでしょう。

夜の暗闇に音色が響くその幻想的な様子は、情緒ある雰囲気を肌で感じることができます。風の盆らしいうらさみしい雰囲気を味わうために、知っておくと参考になることをお教えしますね。

      目次
・おわら風の盆 町流しの時間
・おわら風の盆 町流しをゆっくり見物したい
・おわら風の盆 深夜の町流しを見たい
スポンサードリンク

おわら風の盆 町流しの時間

9月1・2日   15時~23時(17~19時は休憩)
9月  3日   19時~23時

途中で雨が降りだした場合は、即中止ではなく一時中断し、雨があがったら再開します。11の町内の方たちが、演奏とともに踊りながら町内を練り歩くものが町流しです。時間内であれば、プログラムで各町の動きが分かります。

23時以降になると町の枠を外れ、気のあった人たちで明け方まで踊り明かします。これを深夜のおわらといいます。深夜のおわらは、公式行事ではありません。そのためどこで踊っているのかは実際に行ってみないと分かりません。

おわら風の盆 町流しをゆっくり見物したい

おわら風の盆の町流しをゆっくり見たいなら、19時~22時ごろは避けたほうがいいですね。ツアーで来る観光客は、だいたい夕方~23時までの滞在が多いので、町内は人の頭しか見えないほどの大混雑ぶりです。おまけに町流しの数は昼の半分(舞台出演のため)、それを4重5重に人垣が取り囲んでいるので、まず見るのは不可能に近いです。

「おわら風の盆は夜」というイメージが強いですが、1日、2日は昼15時から踊りが始まります。昼間はお客さんも比較的少ないし、ゆっくり町歩きができます。そのうえ11の町内会すべてで町流しをしているので、町を散策しているだけで必ず踊りに出会えます。それに、明るいので踊りや衣装もよく見えるし、夜とはまた違ったよさがありますよ。

昼間町流しを見て、夕食を食べて軽く睡眠をとり、22時過ぎになったころに夜の町に繰り出せば、夜の町流しも堪能することができるでしょう。

それから、日付が変わった深夜2時ごろから明け方にかけた時間帯もおすすめです。この時間になると、今でも風の盆らしさが感じられます。眠気を追い払ってチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

おわら風の盆 深夜の町流しを見たい

「やはりおわらは、深夜の哀愁漂う寂れた感じが何ともいえない」という人が多いです。それなら深夜に静かに行われる町流しも見てみたいですよね。

おわら風の盆の行事はどの町内も午後11:00までですが、それ以降も気の合ったもの同士が自然に集まって、町流しすることがあります。
必ずあるわけではないです。そして、もし行われたとしても、混雑している通りや騒がしい場所は裂けて通ることが多いので、中心の通りではなく少し外れた通りにいると遭遇できるかもしれませんね。

八尾の町内は坂道が多く、また夜になるとどの道も同じように見えてしまうので、昼間のうちに町内をブラブラして土地勘をつかんでおくといいですね。このころには観光客もだいぶ落ち着いているので、昔ながらの哀愁漂う情景に出会えるでしょう。

まとめ

風情のある町並みに、胡弓の音色とおわら節、男女共に編み笠を深くかぶり優雅に踊る姿は、一度見たら心を奪われます。この独特な雰囲気に魅了された人たちが毎年この時期になると、八尾に集まります。

それゆえ、観光客の増加によって、人垣で見ることができなかったり、騒々しくなってしまう時間帯もあります。
このすばらしさを見損ねないよう時間帯を考慮して訪れてみるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加