秋田竿燈まつりの楽しみ方と見る場所 駐車場情報も

東北にはそれぞれ味のある三大祭りがありますが、その中でもこの秋田竿燈まつりは威勢がよく、さらに幻想的で個人技の光るお祭りです。また、二本松提灯祭り(福島県)、尾張津島天王祭(愛知県)と並び、日本三大提灯祭りにもなっていて、一度は見ておきたいですよね。

自分ひとりだけなら雰囲気を楽しむだけでもいいですが、会うたびに歳をとったなぁと、最近感じることの多い両親との旅行なら、できるだけ見やすい場所で竿燈まつりを楽しんでもらいたいですね。見どころをおさえておけば、お祭りがひと味もふた味も楽しくなりますよ。

    目次
・秋田竿燈まつりの楽しみ方
・秋田竿燈まつりを見る場所はココがいい
・秋田竿燈まつりの駐車場情報

スポンサードリンク

秋田竿燈まつりの楽しみ方

秋田竿燈まつりには、昼竿燈夜竿燈、それに戻り竿燈があり、それぞれ楽しめるのを知っていますか。

実はこのお祭り、昼も見どころがたくさんあるんですよ。秋田駅西口の県立美術館の隣の「エリアなかいち にぎわい広場」で竿燈の個人技を競う大会をやっています。「妙技会」といわれていて、青空の下、担ぎ手さんのすばらしい技を見ることができます。また、「お囃子部門」もあって、脇役のお囃子もよく見ることができます。

夜は、昼の妙技会を見て、技のうまい担ぎ手さんがいる竿燈会に行くとより楽しめますね。もし歩くのが苦でなければ、「ババヘラアイス」を食べながら、いろいろ見て回るのもいいですね。

それぞれの竿燈会の方たちが技を駆使して、観覧している人たちを楽しませてくれます。提灯の図柄の見比べもできますよ。最後に竿燈を持たせてもらえるふれあいタイムもあって楽しいです。

特に最終日の夜はおすすめです。昼に妙技会の決勝が終わっているので、優勝しているところの、今年最高の技術をこの目で確かめられますよ。

また、竿燈の数を増やしたり、びっくりするくらいしならせてくれたり、一本歯の下駄を履いていたりなど、限界ぎりぎりの演技を見せてくれて大盛り上がりになります。

戻り竿燈とは、夜竿燈が終わった後、それぞれの地元町内に竿燈が戻っていくときのことです。そのときもさりげなく演技を披露してくれるんです。戻り竿燈まで見物する人は少ないので、近くで見られるし、担ぎ手さんと話ができることもあります。

運がよければですが、提灯のろうそくを欲しいと言えば、くれる町内もあるのでお願いしてみるのもいいかも・・・安産祈願のお守りになります。

秋田竿燈まつりを見る場所はココがいい

夜の竿燈が始まるのが夕方からなので、提灯の明かりで街が色づき始めたころから見ると、情緒満点で胸にぐっときます。沿道や歩道は地元の人が多く、沿道でしかも前のほうで見みたいなら、どうしても早めの場所取りが必要になってきます。山王十字路付近が広くて便利です。

担ぎ手さんの技を見たいのなら前のほうがいいですが、竿燈の提灯は、高く掲げていますので、提灯を見るだけなら後方からでも大丈夫です。少し離れた場所から見る、ゆらゆらと揺れる提灯は、まさに「稲穂」、とても幻想的です。また、竿燈が一斉に立ち上がる瞬間も感動的ですよ。

初めての場合やしっかり見たい場合は、やはり席を確保した方がいいです。
観覧席は、ひな壇上に椅子が並べてあるので、非常に見やすいし落ち着きます。旅行の目的が夜竿燈であるなら、観覧席を予約したほうが落ち着いて見られて安心ですね。少なくとも弁当、飲み物持参で楽しめます。

スポンサードリンク

秋田竿燈まつりの駐車場情報

竿燈祭りのために開放される無料駐車場です。大半が、「山王通り」と「けやき通り」の交差点付近にあります。
※公営駐車場やパーキングは駅周辺にもあります。

一般車用
●秋田県立体育館     140台 17:00~22:00  
●裁判合同庁舎      100台 17:30~22:00
●秋田地方法務合同庁舎   30台 17:30~22:00
●秋田地方合同庁舎     81台 17:30~22:00
●秋田県庁        280台 17:30~22:00
●秋田地方総合庁舎     70台 17:30~22:00
●秋田県庁第2庁舎     60台 17:30~22:00
●多目的グランド南側    70台 10:00~22:00

車いす専用
●秋田県社会福祉会館    20台 17:30~22:00

交通規制は18:15~です。

駅に近く、昼の妙技会が行われたり、ご当地グルメフェスティバル会場、飲食店街に最も近い駐車場は、秋田県庁第2庁舎の駐車場です。開催期間中は大変混雑しますので早めに確保しておきましょう。ただ、夕方からしか停められないところが多いので注意が必要です。

まとめ

妙技会を見てグルメを食べて、幻想的な夜の竿燈を見ることができる、一日通して楽しめるお祭りです。それぞれの竿燈会の方たちが、見に来てくれた人たちに、十分楽しんでもらいたいという気持ちで、一生懸命演技を披露してくれます。

そのお祭りを盛り上げるために観覧席を設けたり、無料駐車場も提供してくれたりと秋田県の人たちのあたたかさを感じることができますね。せっかく大切な両親と行くんですからあまり無理をしないで、家族の時間を過ごしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加