青森ねぶた祭りの日にちと楽しみ方 観覧場所はどこがオススメ?

青森の夏の風物詩である、青森ねぶた祭りが「ラッセラー、ラッセラー」の掛け声とともにやってきますね。だんだん心も体もワクワクして来るころでしょう。迫力あるようなんだけど、幻想的であるような、元気いっぱいでにぎやかなんだけれど、どこかもの悲しいような・・・なんだか不思議でとても魅力あるお祭りです。青森の短い夏を、精一杯楽しもうとする人々の気持ちが込められているのかもしれませんね。

    目次
・青森ねぶた祭りをやる日にち いつやるの?
・青森ねぶた祭りの楽しみ方 いつが盛り上がるの?
・青森ねぶた祭りの観覧場所 どこがオススメ?

スポンサードリンク

青森ねぶた祭りをやる日にち いつやるの?

青森ねぶた祭りの開催日は、毎年8月2日~8月7日、曜日にかかわらず毎年同じ日です。で、前日の8月1日に前夜祭があります。


8月1日     前夜祭 (18:00~21:00)
8月2日・3日  子どもねぶた約15台・大型ねぶた約15台運行(19:10~21:00)
8月4日~6日  大型ねぶた約20台運行(19:10~21:00)
8月7日     大型ねぶた約20台運行(13:00~15:00)
         花火大会・ねぶた海上運行6台予定(19:15~21:00 青森港)


以上のようになっています。
ねぶたの運行は2日から6日は夜間運行、7日は昼運行と夜の海上運行があります。日程の前半は町内会などの子供ねぶたが多いですね。

スポンサードリンク

青森ねぶた祭りの楽しみ方 いつが盛り上がるの?

ねぶたの素晴らしさは、暗闇の中でゆらゆら揺れながらかがやいている光景でしょう。なので、夜間運行を見ることができる8月2日~6日がおすすめです。もし、宿泊することが可能なら6日の夜間運行を見て、7日のフィナーレもみることできれば最高ですね。1日のみの場合は、夜間運行のほうが、ねぶた祭りを見たという思い出にはなるでしょう。

5日はねぶた祭り各賞の最終審査日なので、8月6日は受賞したねぶたが、受賞額を掲げて運行するので見ごたえがあり盛り上がりますよ。

青森ねぶた祭りの観覧場所 どこがオススメ?

運行コースはこちら

青森ねぶた祭りのおすすめの観覧場所は何か所もあります。ねぶた祭りは夕方6時前後に国道を封鎖して祭り会場になるので、そのタイミングで場所取りできる場所があります。祭り会場でねぶたが90度曲がって移動する場所が、4ヶ所あります。そこの場所取りに成功すれば見晴らしがよくてねぶたの迫力満点です。有料席にだって負けません。

国道4号線のスタート地点
 ここは開始直前に警察が道路閉鎖をします。そのときに道路上に場所取りをしますので、そこを確保できれば最高です。

国道7号と柳町通り交差点
  この角は一番広い場所なので、ねぶたが転回してくれます。近くにコンビニもあります。前の方にシート確保出来なかったとしても、道路が広いため、後ろからでも十分見られます。

新町通り青森銀行交差点
  ここもねぶたが回転してくれます。コンビニも近いのでトイレも安心です。

地べたに座るのでしたら、16時には場所確保をしたほうがいいでしょう。そのときレジャーシートを忘れずに・・トイレが混雑するので、場所を確認しておいたほうが安心ですね。

また、ずっと同じ場所に落ち着いて見るのではなく、沿道を歩きながらときどき立ち止まり、イカ焼きなどを頬張りながらぶらぶらと、山車を見物するのもいいものですよ。

まとめ

青森ねぶた祭りに行きたくなってきませんか?青森ねぶた祭りは、誰でも参加できるという楽しさが魅力になっています。今度は見るだけでなく参加して、はねてみるのもいいですね。そういった意味でも、何度も訪れたくなるお祭りなんですね。夏を思いっきり楽しもうとする、ねぶたの喧騒に包まれてみたくなってきます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加