読書感想文の書き方 小学生低学年の場合のコツと書き出し方

夏休みの宿題のなかで、とくに読書感想文はなかなか手ごわいですね。本人はまるでやる気なさそうだし、休みはどんどん過ぎていくし・・・小学校低学年の子には、まだ一人でやるのは無理なのかなあ・・・いっこうに進まないので、つい声を荒げてしまいそうになります。手助けしてもいいのでしょうか?そして手助けはどこまでOKなのでしょうね。

      目次
・読書感想文の書き方 小学生低学年の場合
・読書感想文の書き方 小学生のコツ
・読書感想文の書き方 書き出しはどうする?

スポンサードリンク

読書感想文の書き方 小学生低学年の場合

子どもに読書感想文を書かせるのはひと苦労ですね。小学生の低学年の場合は、一人でやるように言っても無理な子の方が多いです。なので、本選びからお母さんがいっしょにやってあげましょう。絵本でも十分です。本屋さんへ行って、まずお母さんがぱらっと目を通してみます。読みやすいものや、感想が書きやすそうなものを何冊か選び、その中から子どもに選ばせると、自分が選んだ本だ!、とやる気になってくれますよ。

そのときに、子どもの好きなもの(動物が好きなら動物が登場人物の本など)だと、本人も楽しく読めるのでいいですね。まずは一人で読ませてみましょう。そのときお母さんは、子どもから見えるところにいたほうがいいですね。声を出して読んでいるなら、その声に耳を傾けましょう。大切なのは、子どものやっていることに付き合うことなのです。

本を読むのってワクワクするね。
感じたことを話し合うのっておもしろいね。
文を書くのって楽しいね。

子どもがこう思えるようにリードすることが大切です。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方 小学生のコツ

子どもと一いっしょに本を読みながら、場面場面でさりげなく子どもに話かけてみてください。そして、答えたことをすぐにメモにとっておきます。子どもならではの発言が飛び出してくるので、言葉遣いはそのままで。

・だれがでてきたかな?(登場人物)
・主人公はどこにいる?何をしようとしているのかな?(状況)
・いま、なにがあったかな? (どんなことが起こったのか)
・そのとき登場人物はどんなふうに思ったと思う?(登場人物の気持ち)
・それを読んでどう感じたかな?(自分の気持ち)

最後に読み終えての感想。どのページが好き、このセリフが好き、登場人物の中でだれが好き、など具体的に聞き出します。「もし自分が登場人物だったら、どうしてた?」など聞いてもいいですね。さりげなく聞くのがポイントです。なかなか感想を言わないときは、「お母さんはこう思ったけど、どう思う?」と聞いてもいいかもしれません。あとはメモの内容をもとに文章に組み立てていけば、立派な読書感想文の出来上がりです。

それでもできない子には、登場人物にお手紙を書くような書き方なら、もっと書きやすいですよ。

読書感想文の書き方 書き出しはどうする?

読書感想文て、書き出しもむずかしいですよね。あまり考えすぎても、時間ばかり過ぎて行ってしまいます。まだ小学生の低学年、この本を読もうと思った理由ぐらいでいいのでは・・

「わたしがとても気に入ってる本は○○です。」
「題名の○○ということばがおもしろかったからです。」
「わたしは○○がすきです。その○○の絵がかいてあったので選びました。」
など、先生やお友達に教えてあげるような気持ちで書き始めるといいですね。

まとめ

小学生の低学年の子といえば、字もそこそこ書けるようになったばかりです。本を選んで、読んで、思ったことを文章にするなんて、まだまだひとりではできなくて当たり前。読書感想文を書くことが嫌いになってしまって、さらに本を読むのも嫌になってしまっては、それこそ大変です。

「自分で読書感想文が書けた!」と、達成感を感じられるように、さりげなく子どもの気持ちを引き出して、エスコートしてあげることが必要です。がんばりましょうね、お母さん!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加