暑い日の犬の散歩と対策 洋服を着ていてかわいそうじゃないの?

わんちゃんは散歩が大好き。わたしもわんちゃんとの毎日の散歩を楽しみにしています。今までは9時ごろと15時ごろお散歩していたけど、最近なんだかわんちゃんの息が荒くなっているような。これから夏になって、暑い日でもお散歩しても大丈夫かしら。それに、虫がたくさん飛んでいて、わんちゃんにまとわりついているのも
いやだな・・・

夏の時期、お散歩を楽しむためにはどんなことを気をつければいいのでしょうか。

スポンサードリンク

暑い夏の日に犬の散歩はしていいの?

昼間のぎらぎら太陽。照り返しでめらめらしているアスファルト。湿度が高くてじめじめしている空気・・・。人間でも一歩外に出たら、一瞬で暑くなりますよね。犬も同じです。

必要最低限のこと以外(たとえば、病院に行かなくてはいけないなど)、外に出るのは危険です。
でも、それだとわんちゃんもストレスがたまって、吠えて近所迷惑になってしまうから毎日散歩はさせたい、という場合もありますね。

そんなときは、早朝(明るくなってきたら)と夜中(21時以降)に散歩することをおすすめします。曇っている日であれば、夕方でもよいですが時間は短めに。人間が涼しいと感じる時間帯を選びましょう。アスファルトに触ってみてぬるいと感じるぐらいでも、止めておいたたほうがいいと話す獣医さんもいらっしゃるくらいです。

暑い夏の日の犬のための対策は?

夏の暑い日は、エアコンを使って室温が28度以上にならないように、気をつけてあげたほうがいいです。
ひんやりグッズや扇風機も、室内が暑いと意味がありませんよ。犬は汗をかけないので、舌で温度調節をしています。ハアハアしているようだったら、氷水などを飲ませてあげるのもよいですね。

環境を整えてあげるのも飼い主の責任です。ずっとエアコンをつけていると電気代が心配、という方はそもそも動物を飼う資格がありません。365日エアコンをつけているわけではないです。夏の一時期のことなのですよ。
もし電気代をケチったばかりに、大切なわんちゃんが熱中症になってしまったら一大事です。そうしたら治療費だってかかりますし、最悪命にもかかわることだってありえるのです。

スポンサードリンク

暑い夏に洋服を着ている犬がかわいそうに見えるよ

ペットショップや雑貨屋さんなどに、犬用のかわいらしい洋服がたくさん売っていますね。
ファッションのため着ているわんちゃんもいるようですが、実はファッション以外にも大事な役割を果たしていることががあるんです。

  • 蚊などの虫の予防
  •  夏になるとたくさんの虫が飛んでいます。わんちゃんが好きな草むらはとくに多いですね。そういうときに虫除け効果のある素材の洋服を着せるとある程度虫を防ぐことができます。また、蚊への対策にフィラリア予防されているものもあります。

  • 汚れ防止
  •  雨上がりなどはどうしても泥などで身体が汚れてしまいます。でも、頻繁なシャンプーは皮膚病を誘発することがあるので、あまりよくありません。そこで洋服を着させてなるべく汚れないように防いでいるんです。

  • 皮膚アレルギー
  •  生まれつき皮膚が弱く、皮膚がただれていて包帯をまいているわんちゃんもいます。患部を守るために洋服を着せます。

ほかにも子犬や老犬は体温調節、毛の飛散防止にもなります。また、夏にバンダナを巻いているわんちゃんは、冷却グッズがついていて身体を冷やしていたりするのかも・・・くつをはいているわんちゃんは、アスファルトに直接触れないので暑さを多少防げるなど、きちんとした理由がある場合もあるのですね。

まとめ

わんちゃんは暑いと言えません。しかも、飼い主に忠実なので多少のことなら我慢しています。家の中にいるのに熱中症になって具合が悪くなってしまったり、肉球がアスファルトでやけどしてしまったなど、そんなことないように十分注意してあげることが必要です。

「洋服を着ているわんちゃんが暑そうだ。」「夜中散歩させているって非常識では?」と思っても、それは少しでも暑い夏を快適に過ごしてほしいという飼い主さんの愛情なのです。大切な家族であるわんちゃんを守れるのは、飼い主さんなのです。対策をしっかりして暑い夏を笑顔で乗り越えましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加