仙台七夕祭りで花火の始まる時間と場所 穴場スポットも

青森ねぶた、秋田竿灯と並ぶ東北三大祭りの一つ、仙台七夕祭りが8月6日(木)~8日(土)の3日間開催されます。5日はその前夜祭として花火大会が行われます。なんと16,000発も打ち上がるんですよ。迫力満点ですね。そんな花火を見てみたいのはみんな同じです。だから50万人もの見物客が集まってきます。混雑覚悟で出かけてみるのも楽しいですね。

スポンサードリンク

仙台七夕祭りの花火大会の時間と場所

時間:2015年8月5日(水)
   19:00~20:30(予定)

場所:仙台西公園周辺一帯

仙台七夕祭りの花火の見えるスポットは?

仙台七夕祭りの花火はもう何年も続いているので、会場周辺はとにかく混んでいます。仙台七夕花火大会の特徴なんですが、市内中心部での開催ということで、駅から徒歩で会場まで行けて便利なんです。しかし、それゆえに花火の打ち上げの高さや大きさに制限があって、少し遠くなると全く花火が見えなくなってしまうなど、いい点悪い点が表裏一体なのです。

スポンサードリンク

また、杜の都仙台と言うだけあって街路樹が多く、下から見えるところがかなり限られているので、花火が見えるスポットは全て混雑していると思ったほうがいいです。花火の音は近くで聞こえるのに、ビルや街路樹が邪魔で、会場の近くじゃないと花火が見えないという感じです。だから、すいているところは花火が見えず、花火が見えるところは超混んでいます。

それでは会場まで行かなくても、花火が見えるスポットはないのでしょうか・・・

そんなことはないですよ。遠くでもいいのなら見えるところはあります。青葉区川内牛超橋付近の広瀬川沿いや青葉区国見仏舎利塔付近なんかは可能性がありますね。ちらっと見えるだけでもいいなら、北西方面郊外の青葉区中山の住宅地あたりか、地下鉄愛宕橋駅の近くの愛宕大橋あたりでしょうか・・どちらにしても車が必要になってしまうのが難点ですね。

まとめ

花火大会はどこでもすごい人出ですね。夜空に上がる花火の美しさに魅了されてしまったのでしょうか・・でも混雑に負けず、杜の都仙台の夏の風物詩の幕開けを楽しみましょう。あしたからは豪華絢爛な七夕飾りが通りを彩ります。

仙台の詳細地図と周辺情報はこちらです

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加