水遊び 赤ちゃんはいつからできる?水温は?日焼け止めは必要?

夏の暑い日、冷房のきいた部屋に閉じこもって遊んでいるだけだと、なにかものたりないと思うことありますよね。でも、外へお散歩に行って熱中症になったらこわいし・・・そんなときは、水遊びがいちばんです。

水遊び・・やってみたいけど、お座りしかできないうちの子にはまだ早いかな。どんなことに注意すれば楽しく遊べるのかな。など気になることはたくさんありますよね。そんなママのためのポイントは、とっても簡単なことなんです。

スポンサードリンク

水遊びって赤ちゃんはいつからできるの?

水遊びは、しっかりお座りができるようになれば大丈夫です。数センチの深さの水の中にお座りをさせて、ママが、手や子供用じょうろ(なければプリンの容器、使わなくなった哺乳瓶など)でお水をかけてあげるだけで喜びます。ただし、赤ちゃんは少ない水でもうつぶせに倒れてしまったらおぼれてしまいます。ママは絶対に目を離さないようにするのが重要です。

赤ちゃんの水遊び 水温は何度にするの?

赤ちゃんのうちは、子供用プールがなくても、ベビーバスや衣装ケースなどで代用できます。水温は25℃~30℃くらいが目安です。朝いちばんで水道の水をためて、太陽の熱であたためると簡単です。すぐに遊ぶ場合はお湯を足してぬるめの水にしましょう。水に入っている時間は30分以内。水遊びは見た目よりずっと体力を消耗します。はじめてなら、もう少し時間を短くして徐々に慣れさせていくと安心です。

赤ちゃんの水遊びに日焼け止めは必要なの?

水遊びさせるときは、できれば日陰で遊ばせたほうがいいです。日陰がない場合は、パラソルを立てたり、帽子をかぶせて、直接紫外線が当たらないようにします。今の紫外線は本当に強いので、デリケートな赤ちゃんの肌にはよくありません。

そして大事なのは、日陰、ひなたにかかわらず、必ず日焼け止めを塗ったほうがいいですよ。その場合、赤ちゃん用の日焼け止めを使います。たとえばコレ!!日焼け止めと虫除けがひとつですんじゃうから、とても便利ですよ。
【1本で日焼け止め&虫除け対策】アロベビー 国産オーガニックUV&アウトドアミスト

おとな用の日焼け止めだと刺激が強すぎて、皮膚の弱い子はかぶれてしまうかもしれません。一般的にドラックストアやベビーショップなどに売ってます。ハワイに行ったり、長時間紫外線に当たるわけではないので、SPFもそんなに強いものではなくて大丈夫です。

小さいうちから日焼け止めを塗るのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、今は紫外線のほうがずっとこわいんです。塗り方のポイントは、肌の上にのせてうすくのばす程度。少し白く残っているくらいとちょうどいいです。

スポンサードリンク

まとめ

以上のことに注意して、夏の生活を思いっきり楽しみましょう。暑くてぐだぐだしてしまう日は、水遊びがいちばんです。日焼け対策については、赤ちゃんはもちろんですが、そばにいるママ自身も気をつけたほうがいいです。気づいたら手の甲や首のうしろが焼けちゃってたってこともありますよ。

水遊びは、ちょっとめんどうで毎日はできないかも、って思うなら、おふろでやってみてもいいんですよ。湯船にぬるい水を少しはって、自分も一緒に入っちゃえば楽しいしスッキリします。日焼けも気にならないです。

どんな方法にしても、負担にならず親子で楽しめることが一番大事です。赤ちゃんだけ水に浸からせて、自分はスマホでブログチェック、ネットショッピングでは、赤ちゃんはつまらないです。ママがいっしょに楽しんで、笑顔をみせると安心して遊べるんですね。せっかくのかわいらしいしぐさや表情を見逃さないように・・・

最後に、水遊びはとても体力を消耗します。適度に遊んだら、ぬるま湯のシャワーで汗を流し、身体をよく拭いて、水分補給とお昼寝で、赤ちゃんををゆっくり休ませてあげましょう。疲れているので、ぐっすりお昼寝してくれます。そのときこそ自分の時間ですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加