ジャパンカップクリテリウム2016 観戦に行ったら○○を見つけた

宇都宮で行われたジャパンカップ クリテリウム2016を観戦してきました。この日限りで引退するカンチェラーラ選手の最後のレースです。今回も場所取りせずに行き当たりばったりの観戦です。いったいどんなことになるのやら・・・クリテリウム観戦はもちろん、それに伴うイベントも楽しんじゃおうということです。

スポンサードリンク

ジャパンカップ クリテリウムのマル秘舞台裏を見ちゃった

場所取りのためとはいえ、長い時間待っているのは苦手なので、レース直前まで宇都宮の街を散策することにしました。あちこち歩き回っているうちに、どうやら宇都宮の市役所付近に来たようです。それならと市役所に行ってみることにしました。

市役所に近づくと市役所の駐車場には、サポートカーやらスタッフやら選手やらがたくさん集まっているではありませんか。えっ、ここが待機所だったの、と思わぬハプニングにびっくりしつつ写真を撮りまくりました。

他にも数人の人が写真を撮っているだけで、周辺はとっても静かな場所。そうなんですね。ここは知る人ぞ知るレースの舞台裏なのです。なので、レースに向けてのピリピリ感が、こちらにもひしひし伝わってくるほどなので、写真を撮っただけで早々に退散してきました。つまり、「○○を見つけた」の○○は「待機所」ということです。でも、話しかけたりするのは、絶対にいけません。レース前の大切な時間です。

さてレース開始まで、まだ時間はたっぷりあります。それじゃあということで、次はサイクルメーカーやアパレルが出店しているジャパンカップストリート、サイクルストリートに向かうことにしました。

最新サイクルアイテムの展示や販売

13:00から最新サイクルアイテム展示や販売などを行うイベントが、パルコ横のバンバ通りや東武馬車道通りで開催されていて、たくさんのブースが並んでいるとのこと。まず、東武馬車道通りの「サイクルストリート」に行ってみると、大盛況のようでとても賑わっていました。ここではウエアーやグローブなどを物色。

そして、オリオン通りに入ってみると、宇都宮ブリッツェン期間限定SHOP「THE RED ZONE」がありました。

スポンサードリンク

中では写真パネル展示や、実際に使われた自転車などが展示されていました。 お店の外では宇都宮ブリッツェンバーガーや、宇都宮ブリッツェンが育てたお米などの販売もしていました。

そこから少し歩くと下野新聞NEWS CAFEがあり、中ではジャパンカップミュージアムが催されていて、ジャパンカップオフィシャルグッズの販売や、「ジャパンカップの軌跡」という、25年間の歴史の写真パネルが展示されていました。

外に出ると隣には、チームプレゼンテーションや、クリテリウムレースの表彰式が行われるイベント広場「オリオンスクエア」があります。そこでも、サイクルジャージなどの販売が行われていました。弱虫ペダルのジャージもありましたよ。オリオンスクエアにはオーロラビジョンがあって、クリテリウムレースをそこで見ることもできます。

ジャパンカップ クリテリウムレース開始

クリテリウム開始まであと20分となったので、そろそろレース会場に戻ることにしました。今年は25回大会を記念して、コースを西側に延長しています。その延長された場所に行ってみました。もちろん人垣ができていましたが、なるべく人が少ないところを選んでスタートの瞬間を待っていました。

で、待ちに待ったスタートが切られすぐに選手たちの大集団が、反対車線をあっという間に通り過ぎていきます。その先すぐがUターン地点なので、 Uターンした選手たちが目の前を、これまた風のように走り去って行きました。本当に一瞬の出来事です。

この場所は、スタート・ゴール地点で行われている、実況解説の声が聞こえず映像もないので、見えない場所でレースに何が起こってるのか本当にわからないのです。その上、人混みが激しすぎるせいか、後ろからを押されたりするためか、レースそに思いっきりのめりこむことができませんでした。

最終ラップを見送ってすぐにゴール付近に行ってみましたが、ものすごい人だかりでこれっぽっちも見えませんでした。ゴールスプリントやゴールの瞬間を見られないというのは、イマイチ盛り上がりに欠けますね。

今回のクリテリウムレース、このレースで引退するカンチェラーラ選手を、生で見られたことが何よりもうれしかったです。そのカンチェラーラ選手が終盤までメイン集団をけん引し、最後は20人以上がかたまりになってゴールになだれ込みましたが、カンチェラーラ選手と同じトレック・セガフレードの別府史之選手(通称 フミ)がひとり抜け出して優勝しました。別府選手はなんと昨年に続く二連覇達成です。

まとめ

それにしてもこの日の宇都宮は、曇っていたせいか寒かったです。服装は温かな上着があると安心です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加