ハロウィン トリックオアトリートの意味は?言われたら?お菓子の定番は?

233323

10月31日はハロウィン!!最近は町内会や子供会で、ハロウィンのイベントを開くところが増えてきています。でも、ハロウィンなんて自分でもよくわかっていないことなのに、いきなり近所の子どもたちが訪ねて来て「トリックオアトリート」とか言われてもても、何かひるんでしまいそうな気がしませんか・・・そこで、子どもたちに立派な大人と思ってもらえるような、スマートなやり取りの仕方をお伝えします。

スポンサードリンク

ハロウィンのトリックオアトリートの意味は?

まず、「トリック・オア・トリート(trick or treat)」の意味ですが、直訳すると「いたずら(されるの)とご褒美(渡すの)とどっちがいい?」ということです。ハロウィンで使われる決まり文句で、子どもたちが「trick or treat(お菓子をくれなければいたずらするぞ)」と言いながら、近所の家々を仮装して訪ね回ります。そこでお菓子をもらうという西洋の伝統行事です。

意味は、『trick』 は「いたずら」や「仕掛け」という意味。『treat』は「もてなし」とか「ちょっとしたご褒美」という意味で、ハロウィンの場合は「お菓子をもらう」ことを意味します。子どもたちはお菓子をもらえないと、靴を隠したり、ドアに生卵をぶつけたりとかわいいいたずらをします。

ハロウィンでトリックオアトリートと言われたら?

それでは、子どもたちが家にやってきて、「トリックオアトリート」と言われたら、どのような返事やリアクションをしてお菓子をあげればいいのかわかりますか?毎年それがよくわからず、なんとなく「はーいどうぞ、お菓子をあげるから並んで。」なんてごまかしていませか・・・今年はちゃんとコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。

さあ、子どもたちがやって来ましたよ~そして、「Trick or Treat」 と言っています。なんて返事をしましょうか・・

まず第一声は、にっこり笑って「 Happy Halloween!(ハッピーハロウィン!)」ですね。そして、そのあと「 Here you are!(はい、どうぞ!)」とか「Here’s your treat!(お菓子はここよ!)」などと言って、お菓子を子どもたちに渡しましょう。そのとき「お菓子をあげるからいたずらはやめて~~」と少しおどけて渡してあげると楽しいですよ。

そして、お菓子を渡すときに、仮装した姿をほめてあげるとなおいいですね。

「まぁ、こわ~い!たすけて~」
「とってもかわいい魔女さんね!」
「こんな怖いモンスター見たことないよ~!」

など、その子の格好の印象を、ちょっとオーバーに表現してあげると盛り上がります。最後に、帰る時は「とっても怖くて驚いたけど、また来年も来てね~」なんて言って送り出してあげると喜んでくれますよ。

では、どんなお菓子をあげたらいいのか、次の章で説明しますね。

スポンサードリンク

ハロウィンで子どもたちにあげるお菓子の定番は?

子どもたちにお菓子を渡すときの応対の仕方は、だいたいマスターしましたね。では、渡すお菓子に定番のものってあるのかも悩むところです。なんでもいいと言われても、正直何がいいのか悩みますよね。でも本当にそんなに悩まなくても大丈夫です。

普通におやつをあげる感覚でいいのです。おもにキャンディ、チョコレート、ガム、小さなパックに入ったスナック菓子などが無難です。わたしが子どものころもらったのも、キャンディやチロルチョコが多かったですね。ときどきリンゴ1個とか、バナナ1本とかもらうこともあって、そっちの方がびっくりしたものです。

まとめ

だんだん浸透してきてるとはいえ、まだまだ新しい行事のハロウィン。いざ自分の身に降りかかってくると、知らないことがまだまだたくさんあります。少しずつ慣れていき、日本の文化に溶け込んでいくのでしょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加