宇都宮で水遊び第3弾 みずほの自然の森公園へ行ってきました

夏ってこんなに暑いんですね~。もう何もやる気がしません。1歳10ヶ月息子も暑くてバテてると思いきや、今日も元気に動き回っています。やれやれ・・・栃木県水遊びスポット巡り第3弾、「みずほの自然の森公園」の水遊び場に行ってみました。

スポンサードリンク

みずほの自然の森公園てどんなところ?

まずは基本情報から。

場所:宇都宮市西刑部町1861
駐車場:あり(約500台)無料
トイレ:あり きれいではない

みずほの自然の森公園は、「マロニエとちぎ緑化祭2000」の会場になったところです。大型遊具や、バーベキュー広場、ウォーキングなども楽しむことができちゃう、豊かな自然の平地林を生かして作られた公園です。とても広いので、思いっきりこどもを遊ばせることができますよ。

また、定期的にイベントも行われていて、夏には夏祭りがあり花火もあがります。2016年は、8月20日(土)14時~(花火は19時~)に夏まつりが開催されます。

駐車場は東側と西側2ヶ所にあります。東側のほうが駐車スペースは広いですが、水遊び場に近いのは西側です。水遊びに来たのであれば、西側駐車場に停めることをおすすめします!

みずほの自然の森公園の水遊び場はどんなの?

では水遊び場(せせらぎ水路)についての情報です。

せせらぎ水路の情報(2016年の場合)
せせらぎ水路流水時間:午前10時~午後3時半
せせらぎ水路流水時期:5月1日~7月18日(土日祝日のみ)
          :7月21日~8月31日(毎日)
          :9月3日・4日
           
水深:浅い(こどもの足首)
水の冷たさ:冷たい

DSC_3839  DSC_3829

ここの水遊び場は、噴水とせせらぎ水路です。いくつかの噴水から、いろいろな高さの水が出てくるので、子どもたちは大はしゃぎ。水が飛び出してくる噴水って、子どもにとても人気がありますね。

そして、せせらぎ水路ですがこちらはかな~り長いです。行ったり来たりするだけで結構な運動量になります。深い箇所もところどころにありますが、ほとんどの場所は浅いので、水たまりをびちゃびちゃ走りまわる感じです。1歳前でもお座りができる子であれば、楽しく遊べますね。しかし、幼稚園生や小学生には物足りないようで、噴水のところで遊んだり、水鉄砲で追いかけっこをしていました。わが家も一年前にこの公園を知っていれば、連れてきてみたかったのに・・残念です。

うちの子はこういう危なくないところが大好き。珍しく私の手を引いて自ら水に入って、たいそう喜んでいました。私も入ってみると冷たくてとても気持ちがいい~。スカートのすそも濡れる心配がないので安心です。しかしボケっとしていたら、バシャバシャ水をかけあっている集団にびしょ濡れにされましたよ。

水路の下流のほうは「お風呂か!」と突っ込みたくなるくらい、水の温度が高いところもありました。水底もそんなにでこぼこしていないので、裸足でも歩きやすいですが、安全のためにはサンダルのほうがいいですね。

し・か・し、このせせらぎ水路付近には、日陰がほとんどありません。
自分たちで、UV対策や暑さ対策をしなくてはならないのが、この公園の問題点ですね。日射しが暑くて、長い時間はとてもいられないです。

スポンサードリンク

みずほの自然の森公園の水遊びを楽しむには?

日陰のほとんどない水遊び場ですが、唯一木陰のベンチがあります。しかしその木陰のベンチやその周辺は、場所取りの争奪戦がすごいです。日なたにレジャーシートを敷いても、暑くて座っていられないので、できるだけ早めに日陰を確保しておいたほうがいいです。

うちは10時に着いたのですが、ベンチが空いていたのはラッキーでした。11時前にはベンチはもちろんいっぱいで、さらにその周りを簡易テントがひしめきあっていました。いくらテントだからといっても、日陰のほうが涼しいですもんね。

DSC_3843

それにしても、水遊び場で最近よくみる簡易テントは本当に便利ですね。今までテントといえば、パパがいないと組み立てられないものだったのに、最近のは、ほぼワンアクションであっという間に、テントが出来上がるものばかり。私たちは今回はレジャーシートのみでしたが、やっぱりテントがあると便利だな~と思いました。中で着替えができるので安心だし(女の子がいる場合は特に)、万が一日陰の場所がなくても大丈夫だし。コンパクトにたためるので持ち運びもそこまで大変じゃないみたい。うちもこれからはテント持参で行きたいです。

ついでにいうと、わが家は今年ゼビオでワンタッチテントを買いましたが、同じようなテントが多く、よくかぶってしまうのです。少し離れてしまうと、どれがうちのか判別しにくいので、ネットでめずらしい色合いのものを探してみるのもいいですね~

こどもの水着や着替え、バスタオル、飲み物やテント、日傘に水遊び用おもちゃなど荷物はどんどん増えていきます。そんなときは、すべて入れて持ち運びができる台車なんかがあるとやっぱり便利ですよ。

あと、水遊びはつい夢中になって水分補給を忘れがちになります。自分が暑くてちょっと木陰で座りたいな、と思ったときは休憩時間のタイミング。でも、休憩しようと言っても、こどもは嫌がりますよね。そんなときは、お菓子があるよ~といえば、たいていのこどもは釣られます(笑)休憩も大事だということを教えながら、お菓子を食べ水分補給をして休憩させてあげるといいですね。

うちの場合、水遊び場に持って行ったお菓子で、とても評判がいいのは「おっとっと」。適度な塩味が汗をかいた体にちょうどよく、大人もむしゃむしゃ食べられちゃいます。小袋のも売っているので便利です~

まとめ

みずほの自然の森公園は0歳(お座りOK)~2歳くらいのこどもでも十分楽しめる水遊び場でした。日陰がないのでこどもも親も帽子と日焼け止めは必需品です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加