さっぽろ雪まつりに行くときの服装と靴は?あったら便利な持ち物も

きらめく雪像群が素晴らしいさっぽろ雪まつり。冬の札幌の・・いや北海道の一大イベントですね。盛大に繰り広げられる、雪と氷の華やかなドラマに思いっきり浸りに行きましょう。

・・・とはいうものの、何をどれくらい着ていったらいいのか見当もつきません。だれかおしえてくださーーい!!

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつりに最適な服装は?

雪まつりの会場は屋外、時期的にも気温がマイナス10度以下にもなる日もあるので、スキー場に行くのと同じだと考えておいたほうが良いです。もちろんその日の天候次第ですが、一応考えられる限りの重装備で行ったほうが安心です。穏やかな日だったり、あたたかな室内や乗り物の中では脱げばいいのですから。

上半身は
○半袖かタンクトップの保温性のあるインナー
○その上にタートルかハイネックなど
○長袖のあたたかいニット
○フードがついていて、お尻が隠れる長さのダウンコート。
ウールのコートもあたたかくていいのですが、けっこう歩くので、軽い素材のもののほうが疲れません。ダウンがおすすめです。

下は厚手のタイツ+長ズボンか裏起毛のもの。そして靴下は厚手のもの、または2枚重ね。タイツや靴下は、スポーツ用のものだとなおあったかいです。

乗り物の中や室内で暑かったら、上着はもちろんニットも脱いで調節できて便利です。服装はこまめに調節して、汗をかかないようにしましょう。汗をかいてしまうと屋外に出たとき、ものすごく冷えて寒くなってしまいます。

さっぽろ雪まつりに適してる靴は?

実は、衣服以上に配慮が必要なのがなんです。

・・というのは、雪道は気温や場所、時間帯で状態が変わるからです。シャーベット状だったり、スケートリンクのようにツルツルだったりと・・・しかも、雪祭り会場はたくさんの人が歩くので、さんざん磨かれた状態になっていて滑るうえに、デコボコしているのでとっても危険です。

また、路面の状態によっては冷たい水が染み込んでしまい、足元から冷えて寒くて我慢できなくなります。そうなると楽しいものも楽しめなくなってしまい残念ですよ。

なので、靴は思い切って現地で冬靴を調達するのがおすすめです。防寒・防水機能が高く、かつ靴底が厚いもの。こういったものは、札幌駅隣接の店舗などでも買えるので、これも旅行の思い出のひとつとしてみてもいいのでは・・・。

さっぽろ雪まつりを十二分に楽しむには、衣服も大切ですが、それ以上に足元に気を配ることが大切です。滑って転んで骨折!が一番怖いですから。

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつり 防寒に便利な持ち物は?

ではこんなものも持って行くといいよ、というものを紹介しましょう。

○マフラー
○手袋(防水性のあるもの・場合によっては2枚重ね)
○耳が隠れる帽子(または帽子+イヤマフ)
○サングラス(晴天時の照り返し軽減や吹雪対策)
○マスク(寒さで顔が痛いとき)
○リュック(転倒の危険性があるので、手提げバッグなどを下げて歩くのは避ける)
○日焼け止め(天気が良いと、雪焼けしますので、日焼け対策もお忘れなく)
○使い捨てカイロ
○ティッシュ

まとめ

いくら雪まつりがきれいで雰囲気あるイベントでも、歯をガチガチさせながらの観光では、魅力を感じるどころではありません。楽しい思い出になるように準備はしっかりしたほうがいいですね。

関連記事
さっぽろ雪まつりに必要な見学時間と昼と夜どっちがいい?寒さは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加