寒中見舞い お悔やみの言葉は?文例は?はがきや切手はどれ?

毎年年賀状のやり取りをしている友人から、喪中はがきが届きました。こういう時は年賀状ではなく「寒中見舞い」を出すということは知っているのですが・・・

寒中見舞いにお悔やみの言葉を入れたほうがいいものなのでしょうか?

スポンサードリンク

寒中見舞いにお悔やみの言葉は必要?

寒中見舞いに限らず、すべての書状には意味や目的があります。寒中見舞いの目的はなんでしょうか?それは「冬の厳しい寒さの中で体調の方は大丈夫ですか?」と相手の安否を気遣うことです。夏の暑中見舞いと同じく季節の挨拶状です。

しかし、このような場合は、季節の挨拶状だからと挨拶だけでお悔やみについて触れないのは不自然です。きちんとお悔やみの言葉を述べて、そのうえで、力を落としている友人を気遣うような文言を心がけると、まごころが伝わるあったかい寒中見舞いになります。

では、次の章ではお悔やみの言葉を入れた寒中見舞いの文例を紹介しますね。

寒中見舞い 喪中の相手への文例は?

寒中見舞いは、季節の挨拶状ですから書き方に厳密な決まりはありません。が、たとえ親しい間柄の友人や知人であっても、ある程度定まっている言葉や書き方などでフォーマルな文体でまとめたほうが無難ですし簡単です。

【文例1】
寒中お見舞い申し上げます
○○様のご冥福を謹んでお祈り申し上げます
向寒の折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

【文例2】
寒中お見舞い申し上げます
ご服喪中との由を賜り 年頭のご挨拶を失礼させていただきました
静かにご越年のことと存じますが 向寒の折 ご自愛のほどお祈り申し上げます
厳寒の折 くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます

【文例3】
寒中お見舞い申し上げます
○○様がお亡くなりになったとのこと 心からお悔やみ申し上げます
お寂しい日々をお過ごしのこととお察しいたします
向寒の折 どうぞお体に気をつけて元気で過ごされますよう お祈り申し上げます

【文例4】
寒中お見舞い申し上げます
ご服喪中との由を賜り 年頭のご挨拶を失礼させていただきました
静かにご越年のことと存じます
寒さが一段と厳しくなります折柄 何卒お体を大切にお過ごしください

スポンサードリンク

寒中見舞いを喪中の相手に出すときのはがきや切手は?

寒中見舞いの趣旨は、厳しい寒さのなか先方の安否を伺い、寒さに負けずにがんばりましょうと励ますことです。ですから、寒中見舞いは弔事とは関係ありませんので、弔事用の切手やはがきではなくて通常のものを使います。

切手はおしゃれな記念切手でも差し支えないのですが、このような喪中の方への寒中見舞いの場合は、通常のもののほうがが無難です。

ちなみに、官製はがきの額面には「ヤマユリ」「山桜」「胡蝶蘭」があり、「胡蝶蘭」が喪中専用と思われているようですが、実は違うって知っていましたか?

郵便局のかたの話では、「胡蝶蘭はがきは喪中専用として作っている物ではなく、通常の官製はがきなんです。このような ”喪中のために年賀状の送付を控えたケース”については、比較的落ち着いたデザインのものということから胡蝶蘭が選ばれているにすぎません」とのこと。

なので、胡蝶蘭のはがきは普通の通信はもちろん、ご祝儀に使っても何ら問題がないのです。しかし、世間では弔事用のはがきとして認識している人が多いので、使わないほうがいいかもしれませんね。

まとめ

相手が喪中のときの寒中見舞いの書き方、いかがでしたか?

数年前、やはり友人から喪中はがきが届いたことがあり、寒中見舞いを書こうと張り切りました。・・・が、「寒中お見舞い申し上げます」のあと、何を書いたらいいのかわからなくて、それだけ書いて出してしまったのです。それなのに「ものすごくうれしかったよ」と書かれた返事が来ました。ほんとうは、元気でいるのかなど聞きたいことはたくさんあったのですが、お悔やみの言葉に触れたくなくて、手が止まってしまったのです。友人であっても、まず形式的にお悔やみの言葉を言えばよかったと後悔しました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加