インフルエンザの子供の看病で感染したくない 隔離するの?部屋は?

スポーツの秋!グルメの秋!と秋を満喫していたら、今年もまたインフルエンザの心配をする季節がやって来てしまいました。

予防接種は間に合いましたか?しかし、予防接種をしたからといって、100%感染しないわけではないのがいやですよね。

とくに子供がインフルエンザになったりすると、お世話をしなければならないママは、ぜ~ったいにうつりたくないです。それと兄弟にもうつらないようにしたいです。少しのことで感染するリスクが減るかもしれませんよ。

スポンサードリンク

インフルエンザの子供の看病で感染しないためには?

インフルエンザにかかってしまった子供の看病をしていて、自分までもインフルエンザになってしまっては家の中が回らなくなってしまい大変です。ましてや子供がふたりいると、健康な子の相手もしなくてはならず、ママはインフルエンザになどかかってはいられないんです。だから、できる限りの対策をして感染を防ぐようにしたいですね。

インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から飛び出る唾液(飛沫)による飛沫感染です。なので、その飛沫を浴びないようにすればいいわけです。

○インフルエンザの子どもにマスクをさせる・・・・・・・してくれなそう・・
○2メートル以上近づかない・・・・・・・抱っこ抱っこってせがみそう・・
○咳やくしゃみを手で受け止めたら、すぐに手を洗う・・・・・・・洗いに行く暇なんてない・・
○手洗いやうがいをこまめにする・・・・・・・そんな暇ないし・・
○体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた食事をとる・・・・・・・誰か栄養満点な食事作って・・

そうですよね、ママの悲鳴が聞こえるようです。子供が相手では思うようにいかないですもんね。だから、出来ることだけでいいんです。少し意識するだけでも違ってきます。

ほかにも
○自分がマスクをする
○子供が残したものを食べない
○食事前には手洗いだけでなく、手指消毒をする
○子どもの鼻を拭いたりしたら、手指消毒をする
○タオルを別にする

極力ウイルスを体に付着させないようにしましょうね。

インフルエンザの子供は隔離したほうがいいの?

同じ部屋にいると必ず感染するとまでは言えませんが、確率は高くなることは確かです。でも子供のことです。朝から夜寝るまで、一日中ひとりでは寂しくて部屋にいられない子もいるでしょう。そう考えると、子供を完全に隔離するというのは不可能です。

マスクをすること、ちゃんと寝床で寝ていることを約束させて、ドアを開けておくなりして、家族が見えるところで休ませておくほうが子供も安心します。家庭内での隔離は、無理をせず「自分たちができる範囲で」と気楽に考えることが大切ですね。

しかし乳児や高齢者、持病のある人がいる場合は、心を鬼にして隔離する必要がありますよ。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防の部屋対策は?

インフルエンザにかかった人が休んでいる部屋は、換気と加湿がとても大切です。たとえば室温20~25℃のときは、湿度が50%以上になるとインフルエンザウイルスの生存率は5%以下になるといわれています。同じ室温なら湿度が高い方が、インフルエンザウイルスは元気を失うのです。

だから、部屋が狭くて換気が悪いと、長い間ウイルスが浮遊してしまいますので、時々換気をして部屋の空気を入れ替えして、必要であれば加湿器などで、部屋の湿度を適度に保つことが大切です。エアコンや空気清浄機、加湿器をフル活動させて、インフルエンザウイルスを減らすようにしましょう。

インフルエンザが治ったあとは、布団はひなたにしっかり干して、家具の拭き掃除と部屋全体に掃除機をかけておけばバッチリです。着ていたパジャマなどは、通常の洗濯をしてお日さまで乾かせば、ウイルスの感染力はなくなりますよ。

まとめ

子供がインフルエンザにかからないようにといくら注意していても、どこかでウイルスをもらってきてしまうこともあります。家族がインフルエンザにかかってしまったら、普段の生活は送れなくて当たり前なんですが、そのことに対するストレスがだんだん溜まってくるのも事実です。

そんな時は、普段の家事をいつも通りにするのは無理と割り切って、手を抜いてしまうことが大事ですよ。洗い物は旦那さんにしてもらうとか、洗濯物は乾いたら取り込んだままでたたまないとか、カレーやシチューをたくさん作っておいて毎日か食べるとか・・・

そしてそのことに対して申し訳ないなと思わないように・・・

とにかくママがインフルエンザにかからないことが何よりも大事なので、看病の合間に体を休めて、体力温存を心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加