年賀状はいつまで出せる?寒中見舞いは年賀はがきでOK?文例も

転勤で他県に勤務となったので、かつての上司や同僚に年賀状を出さなかったのに、その上司から年賀状が来てしまったことありませんか?

どうしようか?と考えているうちに月日が過ぎてしまい、いまさら年賀状を出していいのかな?となってしまいましたが、年賀状っていつまでなら出していいのでしょうね。出さなかった人から来た場合、遅れて返事を出すのはいつまでならOKなのでしょう。

スポンサードリンク

年賀状はいつまでに出せばいい?

年賀状は松の内に届くように・・・

新年の挨拶である年賀状は、松の内である元旦から1月7日までに届くように出すのがマナーです。それよりも遅れるなら年賀状ではなく、寒中見舞いを出しましょう。

寒中見舞いは、松の内があけてから(1月7日以降)、暦の「大寒(1月20日ごろ)」の前後1週間をめどに届くように出すものですが、この場合は年賀状の返信として出すのですから、あまり遅くならないように1月中旬までには出すようにするといいですよ。

かといって、寒中見舞いは、一年のうちで一番寒い時期に、相手の健康を気遣う季節の挨拶状であって、決して年賀状の返事の代わりではありませんので、1月7日を待ってたかのように早々に出すのも考えものです。

寒中見舞いは年賀はがきで出せる?

年賀はがきは、新年の挨拶に使うものです。ですので、寒中見舞いを年賀はがきで出すことは、礼儀やマナーのうえでNGです。

「余った年賀はがき」を使って書いた、このように思われる可能性がありますし、「嫌がる人がいるかもしれない」と考えられることはしないほうが賢明です。

寒中見舞いを年賀はがきで出すことは無作法です。きちんと官製はがきや私製はがきで出しましょう。余った年賀ハガキは、郵便局で1枚5円の手数料で通常のはがきに取り換えてもらえますよ。

スポンサードリンク

寒中見舞いの文例 年賀状が遅れた場合

【文例1】

寒中お見舞い申し上げます
本格的な寒さを迎える折 皆様にはお障りございませんか

年始には丁寧なお年賀状をいただきまして ありがとうございました
本年も昨年同様のお付き合いの程 どうぞよろしくお願い致します

【文例2】

寒中お見舞い申し上げます 
ごぶさたしていますが お元気でいらっしゃいますか

ばたばたしておりまして、ご挨拶が遅くなり申し訳ありません
本年もよろしくお願い申し上げます
まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さい

【文例3】

寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧な賀状を頂き、ありがとうございました

ご挨拶が遅れ申し訳ございません
皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子 心からお喜び申し上げます
本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます

今年は寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さいませ

【文例4】

寒中お見舞い申し上げます
新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました 誠に申し訳ございません

厳寒の折 風邪などお召しになられませんようご自愛ください
今年も宜しくお願い申し上げます

ポイントは、年賀状を出しそびれたお詫びを必ず書くこと。そのほかご無沙汰している人へは、家族の近況を報告、また相手の健康をいたわることばを書き、最後に無事を祈ることばで結ぶといいですね。

まとめ

年賀状ってもらうとうれしいものですね。でも、出していない人から年賀状がくると、どうしたら失礼にならないのかと、焦りで頭がグルグルしてきます。そんなことのないように、マナーや礼儀をわきまえた対応ができるようにしておくと安心ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加